金の食パンの落とし穴

13071410

 

夕方のウォーキングに行こうとしたら、カミさんに、「パンを買ってきて」と頼まれる。
あと牛乳。

ちょうどいいやとばかりに、「美味しい」と話題のセブンイレブン「金の食パン」を買ってみました。

セブンゴールド|セブン-イレブン~近くて便利~

6枚切りで250円もする。
うーん高い!
私の名前と同じ第一パンの「麦ゆたか」なんて、この前89円だかで売っていたというのに。
いったいどんな味なのか。

で、昨日の朝食にカミさんが食べたようで、「どうだった?」と聞いてみたら、

美味しくないね

とキッパリ。

「え? ネットの評判はなんなの?」と思いつつ、理由を聞いてみると、

甘すぎる

と。

慌てて、パッケージを見てみると、いろいろ入っているんですな。

小麦粉、砂糖、マーガリン、クリーム、発酵風味料、はちみつ、食塩、脱脂粉乳、小麦たん白、パン酵母、麦芽エキス

クリームやはちみつあたりが結構きいている感じ。
焼いてそのまま食べれば美味しいのでしょう。
でも我が家の場合、トーストはサラダやハム・ソーセージと一緒に食べるので、甘いと口に合わないというわけです。

改めて、セブンゴールドのサイトを確認すると、金の食パンのところは、バターがのったトーストの写真。
その横にはジャムらしきものも。
やはり、「このままで美味しい食パン」というわけです。
これだったらネーミングを「金の食パン」ではなく、「金のトースト」にしてくれればよかったのに。

普通のNB品だったら、テレビCMで喫食シーンを訴及すれば、こういうことは避けられる。
PBはプロモーションを原則的に排除する考えのため、それを訴えられない。
まさか、買い物前にサイトは見ない。
そうなると勝負は店頭のみ。
店頭で、喫食例のPOPでも掲示してくれないと、自分みたいな例が出るのかも。
拡大続くPBではありますが、ノンプロモーションの中でのプロモート方法を模索する時期にきているのではないでしょうか。

というわけで、責任をとって、わざわざ朝飯みたいな昼飯にして、金の食パンを食べてみました。
たしかに、こういうメニューには合いません。
やっぱりBLT系には、普通の食パンでOKです。
13071409

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/21

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , ,