鍋の季節にエスビー生七味

鍋の季節到来

結婚祝いとしていただいた鍋が、ついにご臨終となり、新たなものを購入した我が家。

161002-11

鍋メニューもさまざまありますが、食べているとどうしても味に飽きることがある。そういう時に欠かせないのが香辛料。
このサイトの閲覧数上位は、桃屋の「さあさあ生七味」です。

桃屋の生七味を食べてみた - とみざわのマーケティング入門

14032901

商品名のとおり、ピリリとした辛さが鍋にいいアクセントとなります。
とはいえ香辛料といえばエスビー食品。2年前に似たようなネーミングの商品を出していました。
生七味 | 商品紹介 | エスビー食品 本生

161002-1

ということで、鍋の季節突入とともに、早速試してみました。

桃屋と全然違うエスビーの生七味

箱から出すと、こんな感じ。

161002-2

桃屋製品はすべてビンですが、やはり使い勝手がよくない。スプーンを用意しなくてはなりません。あと、使い終わった後の処理もやや面倒。その点チューブはありがたいです。

さて、このエスビーの生七味は中味は赤いです。

161002-3

桃屋の生七味は、七味といいつつ、山椒の方が比率が高い感じで、色は黒い。

14032903

同様な商品名ではありますが、全く別物です。

これは「かんずり」

エスビーの生七味は「かんずり」に近いです。

161002-9

かんずり」は新潟県妙高地方の特産品。

かんずり - 越後妙高 辛味調味料 オフィシャルサイト

完成するまでに3年という長い時間をかけるのは、タバスコに似たところがあります。

タバスコの製造過程に驚愕! 1本作るのに3年以上かかってる!? - エキサイトニュース

ただ「かんずり」の欠点は、粘性が強すぎること。エスビー「生七味」は、当然「かんずり」も研究したでしょう。固すぎるということはありません。
ちなみに、ラーメンで〆る時にも使ってみたら、結構合いました。

161002-7

鍋以外にも用途が広がりますな。

冷奴にも蕎麦にも

こうなると何でも試したくなるもの。推奨メニューである冷奴にのせてみました。

161002-5161002-6

これはあまりオススメできません。シンプルな豆腐には辛味が強すぎ。普通にネギや生姜で十分ではないかと。

蕎麦にものせてみました。

161002-8

これはアリです。乾燥七味よりも辛さがいい感じになじみます。

ということで、鍋の季節にエスビーの生七味、とっても活躍してくれそうです。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , ,