鳥メロはワタミを救うのか

わたみん家から三代目鳥メロに

日経のこの記事を読んだ時、「まあ当然だよな」と思っておりました。

ワタミ、新ブランド前面 居酒屋、専門性高く 空揚げや鶏料理、「総合」の2割転換 :日本経済新聞

でも、まさかその対象店が我が家近くにあったとは驚きました。

以前「わたみん家」だったところが、「あ~閉店したな」と思ったら、ある日突然、バカでかい看板につけかえられてビックリ。

16070802

右手の入口あたりが、まだ「わたみん家」のカラーが残っているのがおわかりになるかと。

ということで、開店から1か月あまり。オペレーションもそろそろ落ち着いた頃だろうということで、行ってまいりました。

三代目鳥メロには先代がいた

「鳥メロ」は、正式には「三代目鳥メロ」というらしく、設定として初代、2代目がいるみたいです。

16082924

そしてここのウリは、スーパードライの中生が199円であること。

16082920

アサヒビールが全面的にバックアップしているようで、エクストラコールドは399円。「男前」はデカいだけみたいです。
とりあえず199円なら中生からいくしかない。

16082923

グラスもしっかり冷えておりました。
突き出しとして、塩昆布を添えたキャベツが出てきます。

16082921

肝心の焼鳥はどうだ

焼鳥のメニューはこのようになっております。

16082918

いつもは塩でいただきますが、せっかくなので盛り合わせをタレで注文してみました。
出てきたのが、こちらです。

16082922

美味しかったです。セセリが入っているのもよかった。

最近のこの手の店にありがちな、「ラーメン」があるのもポイントか。「親子丼」は調理が簡単ではないと思いますが、どうなのでしょう?

16082919

味はそこそこなのですが、オペレーションはまだまだダメでした。というのも店内が広すぎ。調べてみると、124席もあります。

「三代目 鳥メロ」 元住吉西口店|ワタミ株式会社

分煙しているのはよいのですが、あまりにも広すぎて、外国人店員さんも含め、対応がドタバタしておりました。これはいずれ慣れる日が来るのか、それとも……。

というのも、実はこのあたりは持ち帰り専門も含め、焼鳥関係の店が極めて多い。今回せっかくなので、全部写真におさめてきました。

実は焼鳥激戦区である我が街

東横線の駅を挟んで、2つの商店街がありますが、まずは一番東のはずれから。持ち帰り専門店の老舗です。

16082905

その少し駅よりには、古びたショッピングセンター内に赤ちょうちんだけ見えます。

16082906

ここはすでに閉店しておりますが、結構な人気店です。法政のキャンパスに近いところに移転しており、立ち飲みもできるようになっております。

16082904

そのまた少し駅よりには、重厚な構えのお店。

16082907

そのすぐ隣には、持ち帰りチェーン店である「ふなちゅう」がある。

16082925

また少し裏手には、こちらもチェーンの「すみれ」がある。

16082908

「鳥メロ」の側とは、商圏は異なりますが、駅の東側だけでこれだけあります。

駅西側にもこれだけある

では西側にまいります。
なんといっても、「鳥メロ」より手前に、白木屋が「豊後高田どり」という店に転換しました。

16082902

何も同時期に乗り込んでくることないのに……。

その少しウラを行くと、こんな店も。

16082914

全品280円均一の鳥貴族を意識した店です。店内はコンクリ打ちっぱなしで、正直汚いのですが、案外美味しいです。
また、自分の駅までの動線には、いかにも老舗っぽい店もあります。

16082915

一見さんにはハードルが高い店。一度も行ったことはありません。

さらに西に行くと、私の土日昼間の憩いの場「てついち」があります。

16082909

鉄板酒場ですから、厳密には焼き鳥店ではありませんが、ここの鶏串焼きは焼き鳥店に十分張り合える一品です。ただ最近気の利いた女性店員さんがいなくなって、客足が伸びていないように見えます。

そこから少し行くと、裏路地から移転してきた比較的新しいお店がある。

16082910

そのすぐ反対側くらいに、一見焼き鳥店に見えないこんな店も。

16082911

ここは美味しいです。店内もおしゃれで、サービスもしっかりしています。

そこからさらに西に行くと、焼鳥ではありませんが、閉店してしまった唐揚げ専門店が……。

16082912

そのすぐ先に全く同タイプの店ができたのだから、やむを得ないか。

16082913

そのまた先には、焼鳥持ち帰り店があるのですが。

16082926

多すぎますね。

焼鳥、唐揚げはブームなのか

大手居酒屋チェーンが、総合居酒屋の看板を架け替えるのは当然の成り行き。ただ、魚介系は天井が見えつつある今、焼鳥に進出しているのは、鳥貴族が好調なるがゆえか。

実は鳥貴族はいまだ行ったことはありません。行ったことはないのですが、カンブリア宮殿に社長が出演した回は、大学で教えていた頃に、何度も何度も学生に見せていたので、妙な親近感があります。

2015年4月9日放送 鳥貴族社長 大倉 忠司(おおくら ただし)氏|カンブリア宮殿:テレビ東京

この出演時、「1000店」を目標に掲げておられましたが、それだけの需要があると見越しているのでしょう。だからこれだけライバルも参入してきた。

もちろん、飲み屋、持ち帰り店以外に、焼鳥はスーパーやコンビニでも売っています。廉価で手軽で、しかもササミなどは身体を鍛える方にも向いているという鶏肉。焼き方やタレ・塩にこだわれば、キリがありませんけど、実は素人でもそこそこはできてしまう焼鳥。

今回、ワタミだけでなく、白木屋も参入してきましたが、勝算は必ずしもないでしょう。ライバルがあまりにも多すぎます。その一方、大手参入におびえる地元店は、一時的にせよ影響は無視できない。嵐が過ぎ去るのを待つだけなのか、それとも積極的な対抗策に打って出るのか。
1年後、これらの店は、いったいどんな姿となっているのでしょうか。

20160618_041653000_iOS

Google AdSense2

Google AdSense

      2016/10/12

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , , , ,