ハウス冷やしカレーうどんの素は美味しい

熱いうどんもいいけれど

家でかけうどんを食べる際、ヒガシマルうどんスープは必須。
これで本格関西風うどんができる。

16060105

ありがたいものですヒガシマル。

とはいえ、だんだん暑さが増してきて、さすがにちょっと避けたい気分になる。
ただ、茹でたうどんを冷やしてぶっかけというのも何だか飽きた。そんなところに「お!いいね!」と思って買ったのがこちらです。

16060106

冷たいカレーうどんは5年前から?

夏の期間限定で売っている「ハウス冷やしカレーうどんの素」は、調べた限りでは少なくとも5年前からあるもよう。

ハウス「冷やしカレーうどんの素」6月6日から期間限定で新発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品(2011年)
ハウス「冷やしカレーうどんの素」 5月23日から数量・期間限定で発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品(2016年)

視界に入っておりませんでしたなぁ。
ということで、早速実食。

16060101

 

冷凍うどんはレンジでチン

我が家は加ト吉冷凍うどんを常備しているので、それをレンジで温める。湯掻いてもよかったのですが、何となく。

16060102

加ト吉の冷凍うどんは、本当に美味しい。チルド麺よりよほど上等です。

16060103

うどんさえ温めれば、あとはドバっとかけるだけ。超便利。

 

適度に辛くて美味しい

16060104

レトルトは温めておりませんが、これは美味しい。スパイスもほどほどに効いており飽きない。カミさんにも一口食べさせたら、「美味しいね」というので、間違いないかと。

ところでこの「ハウス冷やしカレーうどんの素」は、うどん以外にも、

そうめん・ひやむぎ・そばなどの冷たい麺類にかけてもおいしく召し上がれます。

とある。次回はぜひチャレンジしてみたいところですが、これはもしかして「ごはん」にかけてもよいかと。こちらもチャレンジしてみたいところ。

これは常備食かも

仮に「ごはん」にかけても美味しいとなると、グリコの「カレー職人」も視野に入ってくる。

温めなくてもいけるカレー職人は、以前「ハマスタシウマイカレーを再現」でトライしました。

ハマスタ名物シウマイカレーを弁当で再現 - とみざわのマーケティング入門

151029021510290415102908

グリコの常備用カレー職人の賞味期限は常温で3年間。一方、ハウスの冷やしカレーうどんの素も室温で1年間保存は可能(食べる時に冷蔵庫で冷やします)。夏季限定ではありますが、この際買いだめしておいてもいいかもしれません。
というより、商品名から「冷やし」をはずして、通年販売するのもアリでは?

思わぬ震災時に、炊き出しとして提供されることも多いカレーは、あらゆる意味で国民食といってよいでしょう。もちろん熱々のカレーもよいけれど、カレーは温めずとも実は美味しいことを、もっと知っておいてもよいのかもしれません。その糸口としての「冷やしカレーうどんの素」。ぜひお試しあれ。

【追記】ごはんにかけてみた

早速やってみました。
「柚子こしょう風味」を買ってきたので、そちらを。ただこちらは辛口……。

16060201

ごはんは炊きたてです。それにかけるだけ。

16060202

明るさが変だったので、ちょっと画像が変です。すみません。

味は普通です。妙なこだわりのない方であれば、温かくないカレーという違和感はすぐになくなるはず。
レトルト食品は、レンチンなら時間も短くてすむのですが、お皿にあけてからというところに抵抗感がある。お湯で温めるのは、湯沸かしからだと時間がかかる。火の管理も面倒。
そう考えれば、この「冷たいカレー」は十分ありだと思うのですが。こちらもぜひお試しあれ。

Google AdSense2

Google AdSense

      2016/06/02

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , ,