セブンプレミアムかつ煮で宅呑み

発売は1年前

こんなものがあったとは露知らず。

15123001

セブンプレミアムの「かつ煮」。蕎麦屋でかつ丼を食べるほどでもない、でもしっかり肉を食べたいという気分に最適。

15123007 15123008 15123009

男の手料理にハードルがやや高いカツ丼。そのヤネだけ作ることなどなかなかできない。
でもそれが自宅で楽しめる。ということで買いました。

レンジで4分ほど

コーフンしすぎて、袋を開けた時の写真を忘れておりました。やむなくレンジ中のものを。

15123002

カツの上に、サイコロ状のタレ(の素)が乗っかっております。
レンジ時間は、600Wで4分。

かつ煮だけでは寂しいので、おつまみをもう1品買っておりました。

15123003

こちらは醤油とワサビがついている。

15123004

せっかくなので、皿にうつさず、このままいただきます。

こんなできあがり

かつ煮が温まり、昼酒のはじまりはじまり。

15123005

やはり、かつ煮だけでもお皿にうつすべきだったか……。いくらプレミアムおつまみにプレミアムビールとはいえ、ちょっと貧相。この透明皿は改善の余地ありです。

お値段は、かつ煮が397円、つぶ貝368円。セブン限定のアサヒ熟撰が1本246円。

15123006

チト高すぎますかな。年の瀬気分でなければ、つぶ貝outで、少し安いマカロニサラダinにするかもしれません。

いずれにせよ、こんなお値段で宅呑みが楽しめる。数々の小売店を駆逐しているセブンイレブンでありますが、飲食店もたまったものではありませんな。

【PR】鈴木敏文がやっている「お客様心理」の読み方

Google AdSense2

Google AdSense

      2016/01/06

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , ,