ちょい呑みに4個はやめて!

軽いおつまみ

ひとり暮らしの最大の難点は、世の需要の大半は、いまだファミリー向けであること。いや、シルバー二人暮らし向けの商品も増えたけれど、それでもモノによっては、1人では胃に余る。
軽~くすませたい時に、ちょうどいい加工食品はなかなかないもの。

ところが最近は、「ちょい呑み」の需要に応える商品がチラホラ。先日スーパーで見かけたこのシリーズを、一気に3つも買ってしまいました。

15111301

加藤産業という西宮の会社の商品らしい。

15111305
加藤産業株式会社

サイトを見てみると、流通がメインのようす。流通だけではなく、販売の方まで拡大を図っているのか。

いざ実食

ということで、「うずらのたまご」を食べてみました。

15111303

え! 4つだけ!?

だいたい日本で「4」は縁起が悪い。たかがツマミ系商品ではあるけれど、そういうところはこだわっていただきたいもの。せめて「5個」、ちょい呑みドランカーの心持ちとしては「6個」入れてください。その分高くなってもいいので。

つぶ貝はいくつ?

こうなると気になるのが、他のはいくつ入っているかということ。
つぶ貝を開けてみました。

15111302

また4個!

つぶ貝もねぇ、加工に手間がかかるのはわかります。でも4個はやめてください……。他社品はどうなのでしょう?

やきとり…

後日「やきとり」も食べました。

15111307

さすがに4個ではありませんでした。9個入っておりました。少し安心。
でもこの肉、

ムネ肉

でした。

焼鳥系料理で、ムネ肉はササミにわさびを乗せて食べるくらい。普通の「焼き鳥」は脂ののった部位が中心。ムネ肉はトップアスリートが好んで食べるケンコー食。モモ肉は酔っ払いの食べ物。
酒を飲んでいる時にはまあ細かいことは言いませんけどね……。ただ、パッケージには「ムネ肉」とは一言も書いていない。

15111304

値段だってだいぶ違いますからね、ムネ肉とモモ肉では。

まあ、酔っ払っちまえば、こんなことどうでもいいのですけど、4個入りというのは、できれば避けていただきたい。酔っ払いの戯言ではありますが、意外と気になるものなのであります。

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/12/25

 - 自腹でレビュー, 食べ物