伊予名産松山あげを食べてみた

なかった刻み揚げ

元祖毛嫌いされる食べ物として「油系(脂系)」があります。デブの素というイメージの根幹を成しているといっても過言ではない。
でも人間が「美味しい」と感じるには、脂も重要な要素であると教わって以来、適量を取るようにしております。だから鍋物にも油揚げか刻み揚げは欠かせない。コクも出ますしね。

15102208

で、先日「刻み揚げはないか……」とイオンを探しまわったけれど、なかった。油揚げはあるけれど、なんか「刻み揚げ」が欲しかった。

店内をウロウロして巡りあったのがこちらです。

15102205

巡りあったというより、刻み揚げっぽいものは、イオンにこれしかありませんでした。

松山あげとは?

「松山あげ」というこの刻み揚げというか、油揚げを砕いたようなものは、伊予特産がウリ文句。

松山あげの特徴 | 伊予名産 松山あげ 程野商店

たしかに関東でも、浜松でも見たことはない。自宅近所の地場スーパーで見かけたことがあるというカミさんの情報はありましたが、まず見ないでしょう。

100年以上も「松山あげ」を売り続けている程野商店さんのサイトにあるように、最大の特徴は

保存期間の長さ

です。これはとても重要。通常の油揚げは1週間程度しか持たない。だからスーパーでも、値下げ品としてしばしば売られております。

しかも常温保存。これはさらに重要。軽い割にかさばりますが、冷蔵庫を邪魔しません。ありがたやありがたや。

早速使ってみた

ということで、ある日の鍋にガバッと投入。

15102202

通常の油揚げよりも、原型はかなり薄い状態と思われます。だから、すぐに小さくなります。こんな風に。

15102203

最後の最後に投入して、すぐ食べるのがコツですな。

15102204

甘みもあって、これはかなり美味しい。

味噌汁にも投入

せっかくなので、味噌汁にも使ってみました。

15102206

いや~油だらけ! これまた美味しい!

程野商店さんにはオンラインショップもあります。

株式会社程野商店 公式オンラインショップ

ただ、当然のことながら、所詮は油揚げなので、単価は安い。なので、最低でも15袋入りから、覚悟を決めて注文しないと。場合によっては、他の方とシェアするとか……。

しかし、ローカルフードにはいろいろあるものですな。江戸時代からあるとされる「松山あげ」。しかしその発端は、4代目社長の言葉にあるように、

案外余ったものを使って、遊び心から開発されたものではないかと思います。
松山あげの歴史 | 伊予名産 松山あげ 程野商店より)

との推測は、あながち間違っていないでしょう。商品開発の原点は「遊び心」。楽しさが背景にあるから、長く続けられる。大切なことです。

一人暮らしでは、とても手に負えない量ですので、自分はまたいつか出くわしたら買おうと思います、積極的に。
あ、Amazonでは「大判3枚」から売っていますな!

松山あげ(大判3枚)

15102201

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/12/25

 - 自腹でレビュー, 食べ物