シマダヤ長持ち麺和風カレーうどん

常温保存のありがたさ

発売は2年前のようですが、最近一番利用しているスーパー「フィール」で大陳されていたので、まとめて買ってみました。

15101801

シマダヤの長持ち麺。正式名称は「ロングライフめん」みたいです。

ロングライフめん|家庭用チルド商品カタログ|探す・選ぶ(シマダヤ商品情報)|めんのシマダヤ〈味〉なウェブ

常温で100日間保存できる長持ち麺。バカでかい冷蔵庫をお持ちの家庭であれば、さしたる魅力はないかもしれませんが、つい小さな冷蔵庫を買ってしまった身としては、庫内スペースを占領しない麺は、どれほどありがたい存在か。しかも、乾麺を茹でるような時間も必要ない。ありがたや、ありがたや。

カレーうどん実食

ということで、カレーうどんを食べてみました。
中身はこんな感じ。

15101802

麺と粉だけ。シンプルです。
調理法は、レンジでもできますが、もちろん鍋で作ってみました。

15101803

作り方をよく読んでみると、「鍋に約300mlの水を入れ、添付のカレーつゆを入れ、軽くかき混ぜ、火にかけます」とある。「え? 水に入れるの?」と思いつつ、書かれているとおりにしてみました。
グツグツと煮込むと、あのカレーうどんの香りが漂う。食欲増進。

15101804

できあがりがこちらです。

15101805

具材は何もないので、玉子とネギを投入してみました。

一般的なカレーうどんに比べると、ドロドロ感が足りないと思う方もいるかも。さらさら系です。でも、おだしが効いていて、かなり美味しい。

讃岐うどんも実食

別な日に「讃岐うどん」も食べてみました。

15101807

こちらは「かやく」も入っている。
できあがりは、こんな感じ。

15101808

とろろ昆布、玉子、天カスを投入したので、完全にカスタマイズうどんになってしまいましたが、これまた美味しい。讃岐系のあの麺のコシもしっかりとある。ツルシコです。

日常の非常食に

そば・うどんには、乾麺、チルド麺、冷凍麺といろいろある。前に書いたように、乾麺は茹で時間がかかる。チルドは保存期間が短い。冷凍麺は場所を取る。
それぞれの麺の欠点を、すべて克服しているのが「長持ち麺」。
セミロングライフめん」という10~15日間保存可能なバージョンもあり、保存期間を伸ばすことにかけては、ライバルの追随を許さないものがあります。

流水麺」とともに、お手軽に麺を楽しめるシマダヤの商品は、少しでもまともな食生活をしたいというひとり暮らしに、最適な「非常食」なのであります。

共生のマーケティング戦略―21世紀への提案 うどんメーカー・シマダヤが実践してきた「顧客満足経営」の答え

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/12/25

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , ,