懐かしいカシオのデジタルウオッチ

子供の頃欲しかった

腕時計といえば、見やすさ(文字盤の判別しやすさ)を再優先し、しかも安い1000円程度のものしかしない自分。

Amazonで買うとご存知のとおり、「ほれ、この腕時計を買え」「今度はこんなのがあるぞ、買え!」とレコメンドの嵐に苛まれる。でも、時にそれが「おーっ!」と思わせるものだったり。

数ヶ月前から、こんなレトロなデジタルウオッチが今売られていて、しかも密かな人気を博していることを知る。

実はもう何か月も「入荷時期未定」でした。それがようやく入荷した。しかも今なら1000円台。ポチりました。

Amazonプライムありがとう

金曜日深夜にポチって、昨日の午後には到着している。

15083012

さすがAmazonプライム。

早速開けてみる。

15083013

カシオのこの手の安腕時計の限界はベルトに表れる。ベルトはペラペラ。前もそうだったのですが、太さ調整のバックルの金属部分が安っぽくて、力を入れ過ぎると壊れそう。

憧れたストップウオッチ機能

子供の頃、デジタル時計に憧れた最大のポイントはストップウオッチ。

15083015

100分の1秒台の数字が高速で動く感じ。意味もなくスタート、ストップを繰り返したりしたものです。

レトロを感じるのはなぜか

それにしてもどうです、この文字盤。

15083014

英語でいろいろ書いてある。「ALARM CHRONO」「LIGHT/LAP・SET」「MODE」「START・STOP/12・24H」。
どのボタンにどの機能があるのか、いちいち説明している。だいぶ前からこの手の表示は、「説明書を読め」となって、覚えるのが大変でした。

そして色合いもなんだか「昭和」を感じる。くすんだ青にえんじ色。ダサいを通り越して、1周まわってむしろアリだと思うんですけどね。

その証拠に今現在ランキング6位。これを懐かしいと感じる方、今なら1000円。おひとつどうぞ!

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/12/25

 - 日用品, 自腹でレビュー ,