噂の牛たん「ねぎし」帰り際の一言

カンブリア宮殿での特集

渋谷に事務所を構えていた頃、何度か行ったことはあります。でもその時は、こんな風ではなかった。まだまだ甘いところがありました。

でも先日のテレ東系「カンブリア宮殿」の内容は、「これは行かねば!」と思わせるに十分なものでした。

2015年5月28日放送 ねぎしフードサービス 社長 根岸 榮治(ねぎし えいじ) 氏|カンブリア宮殿:テレビ東京

牛たん ねぎし」。牛肉のBSE騒動で、牛たん店がバタバタ潰れていく中、じわじわと店舗数を伸ばしてきた。
そして、「カンブリア宮殿」で取り上げられたように、今、外食チェーンの中でも際立って賢実な経営をしている。

銀座のお店

行ったのはライバル店ひしめく銀座並木通り店。地下1階にあります。
雨の月曜日で、13時すぎだし、大丈夫だろうな……と思ったら、タイミングよくすんなり入れました。

しかし、それはおそらく偶然間隙を突くことができただけで、喫食後、店を出る時には、2人の男性客が待っておりました。
場所柄、物販店が多いので、ランチタイムを外した店員さんたちが食べに来るのではと推測。

15070602

「ミックスセット!」「トリプルミックス!」など、魅惑のメニューが並びますが、そこは冷静になって、1番人気の「白たんセット」を注文いたしました。

若い頃、虎ノ門にあった牛たん屋は、卵もおかわりし放題で、牛たんが来る前に卵かけご飯で1杯、牛たんで2杯、〆にとろろで1杯と、計4杯食べるのが常識でした。もうあんな食えんがな。

いざ実食!

そう、渋谷にいた頃は、こんな胸湧き踊るメニューはなかったですよ。いわゆる普通のペラペラ牛たんだけでした。

(ここから追記)

2009年時点の「ねぎし」の牛たん定食の画像を発掘いたしました。

CA381341

2009年3月31日に食べたもの

ちなみに、今は渋谷警察署前に店舗がありますが、以前は現在「ヒカリエ」となっているあたりにありました。

その、現在はヒカリエとなったあたりにあった店舗と、2006年時点のメニュー。米国産牛肉の輸入が再開される直前、まだメニューに「牛たん」の文字は踊っておりません。

06071104 06071105

そしてこちらが今回。

15070603

全然違いますな。白たんセット。
(追記終了)
いや~、ホント美味い! 牛たんはほどほどに柔らかいし、しかも厚みがあって、歯ごたえ食べごたえも十分。税込1530円ですが、その価値は十二分にあります。

ねぎしの本領

とはいえ、牛たんねぎしの本領は、美味しさだけではない。
先般のテレビでも取り上げられていたことが、テーブルにあるリーフレットにそのまま載っておりました。

15070605 15070606

衰退の方向にむかっている「大和芋」を守るために、千葉県多古町農協の方々と取り組んでいること、会津産コシヒカリの田植えや稲刈りをすること、その他、地域のクリーン作戦などなど。

お客様の腹を満たすこと以外の活動の意味は、箸袋にも書かれております。

15070604

かつてやっていた飲食業で悔しい思いをした社長が、たどり着いた経営理念。店長たちが自発的に考える経営戦略。外国人従業員でも差別なく働いてもらう風土。そして、従業員の成長を第一に考え、多店舗展開を焦らない。

1000店を超えるナショナルチェーンが、今後は成立しにくいのであれば、「ねぎし」の経営理念は、今後の外食業態の標準スタイルとなってもおかしくありません。いや、何かといえば、ワンオペだのブラックだのと暗いイメージの多い業界ですから、ぜひとも見習うべきだと思います。

レジでの一言

ひと通り食べ終わり、待っている方もいるので、そそくさとレジに向かう。お金を支払い、レシートを受け取る時、こう言われました。

本日は雨の中、ご来店ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

こんなこと言われたの初めて!

美味しい牛たんを食べ、おなかも心も満足したい方は、どうぞ「ねぎし」へ。
しかし、社長、本をしっかり書かれているのですな。今度読んでみます。

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/22

 - 自腹でレビュー, 飲食店 , ,