揖保乃糸中華麺は◯ラーメン

「ビーちく!」とともに

衝撃のネーミングに釣られて、つい買ってしまった日。

15062001

「こんなのもあったのか!」と初めて知りました。

15062002

素麺のトップブランドである「揖保乃糸」。その「揖保乃糸」に中華麺があった。名前は「龍の夢」。カッコいい!

スープは?

「ビーちく!」とともにカゴに入れたのですが、問題はこれ、「スープは何を使うの?」ということ。裏面には、こんなことが書いてある。

15062003

いや、そうじゃなくて、今知りたいんだけど。封入したら、開けるまでわからないじゃないですか。どうしてこういうことするかな……(ブツブツ)。一人グチる。

そもそもこれは「冷やし中華」として食べるのか、「ラーメン」として食べるのか、それとも「そうめん」として食べるのか。全然わからない。ヒジョーに不親切。

やむなく店頭でiPhoneを取り出し、検索する。「揖保乃糸 中華麺」。
レシピは出てくる。冷やし中華で食べる人が多いもよう。でも自分は冷やし中華はそんなに好きではない。だいたい、キューリや錦糸卵やら、トッピングを準備するのが面倒くさい。そんなの男の料理ではない。

「つゆは!? つゆ何使うの!?」と憤りつつ、結局わからない。なんだかよくわからないけれど、勢いで買ってみました。ネタにはなるだろうということで。

どっちでもいい?

検索しても出てこない理由がわかりました。こちらのサイトには

スープをお選びいただくことで、
ラーメン、冷やし中華のどちらでも食べていただけます

とある。でもこれは、文章を画像ファイルとしてアップしている。

15062007

「揖保の糸手延中華麺~はりま製麺株式会社~」より

パッケージに一言、「麺つゆでも、中華スープでもいただけます」と書いておくだけでいいのに(ブツブツ)。

味覇でスープを作った

ということで、創味シャンタンと一悶着あった「チューブ味覇」に、「キッコーマンしぼりたて生しょうゆ」の力を借り、スープを作ることに。

15062004

量は適当に入れ、茹で用と別に鍋を出すのも面倒なので、そのまま煮込みました。

15062005

煮込み時間は標準で3分。2分半ちょいにしてみました。

これは◯ラーメン!

できあがりが、こちらになります。

15062006

海苔と乾燥ワケギしかないので、実質素ラーメン。でもこれはかなり美味しい。
というより、これは間違いなく……

マルタイ棒ラーメン!

12031601

あの食感です。
ということは、棒ラーメンは冷やし中華にもできるのか? いや、そんなことしたらスープがもったいない……などといろいろ考えてしまいました。

でも、ホントこれ美味しかったです。騙されたと思って、一度チャレンジしてみてください。絶対に棒ラーメンですから。

てか、スープ付売ってるじゃないすか!↓

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/22

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , ,