ホントに美味い骨まで食べられる焼き魚

一人暮らしの食生活

まあそういうわけで、相変わらず自炊の日々が続くわけです。

15061908

調理は全く苦にならないので、備蓄モノなど作ったり、結構楽しんでいるのですが、困るのは魚料理。どうしても刺身ばかりになってしまう。

15061909

最近は鮮度もよく、美味しいからいいんですけどね。さすがにしょっちゅうは飽きる。やはり焼き魚を食べたい。でもグリルを汚したくない。あと、生ごみもできるだけ出したくない……。

レトルト焼き魚

最近できたスーパーで、こんなのを買って、結構重宝しておりました。

15061907

このままレンチンするだけ。時間は30秒もやったら十分。それ以上温めると、水分が奪われ、カチコチになってしまいます(←経験談)。

鮭はこれでいいんだけど、やはり朝食にアジの干物を食べたい。なんかないものか?

と思っていたら、こんなものをそのスーパーで取り扱っておりました。

15061901

すでにかなり有名な商品だったんですな。そういえば、以前ニュースなどで見たことがあるような気もします。

株式会社マルコーフーズ「骨まで食べられる焼き魚」公式サイト
静岡沼津マルコーフーズ「骨まで食べられる焼き魚」

いざ実食

温め時間は、やはり30秒ほど(500w)。すぐにできる。
で、お皿に盛りつけたものが、こちらであります。

15061905

とても骨まで食べられるとは思えない!
というのはウソで、お皿に盛りつける際、身がかなり柔らかいので、ほぐれそうになりました。だから、「なんだこれは!?」という衝撃の快速特急が走っておりました。

食べてみると、何より美味しい。調味料は塩のみのようですが、「ホンマかいな? なんか魔法の液体でもふりかけない?」と疑問が湧く。それくらい美味しい。

15061902

実際の製造工程は、マルコーフーズさんが公開しております。

株式会社マルコーフーズ「骨まで食べられる焼き魚」 製造工程

遠赤外線で焼いたものを、手作業でパックに詰め、それを真空加工し、さらに圧力釜で熱と圧力を加える。この美味さは遠赤外線のおかげか? そして骨まで食べられるのは、もちろん圧力釜のおかげ。

量産効果で価格下がるか?

問題はやはり価格。通常売価は356円(税込)。

骨まで食べられる焼き魚 あじ

スーパーでは298円(税抜)だったか。正直ちょっと高い。これだったら、グリルを日常使いしている主婦層はなびかない。ターゲットはやはり単身族か。
ただ、それでも割高感はあるので、店頭価格でぜひ250円を目指していただきたいところ。そのためには、相当売れないと無理か。

生ごみが出ないなんてことが購入理由でしたが、いざ食べてみたら、本当に美味しかった。それは事実。

15061906

週一じゃなくとも、月に2~3回は食べたいかなというメニューであります。それ以前に、サンマはぜひチャレンジしてみたいところ。Amazonでも販売しているようなので、この機会にトライアルしてみたいという方、ぜひどうぞ! 本当に美味しいですから!

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/22

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , ,