クラフトビールの時代、がぶ飲みからジワ飲みへ

アサヒのドライポーター

がぶがぶ飲めるビールが好きなのはいうまでもありませんが、じっくり飲む濃色系ビールも好き。ギネスがもう少し拡販されればいいのに。

そんな向きに、これは持ってこいでした。

15031901

スタウトはちょっと濃いな……という方には、強くオススメいたします。

15031902

ナッツなどと、チビチビやるにはもってこいです。

クラフトビール戦争勃発

今日の日経にも取り上げられていたクラフトビール。ビール各社もいよいよ本気になってきました。

クラフトビール ぐいぐい攻勢  キリン、醸造工程見学の専門施設 製法にこだわり、若者が支持 :日本経済新聞

「若者が支持」とはどこまで信じてよいのか、懐疑的にならざるを得ませんが、それでもついに市場がこじあげられたのなら、ビール各社にとって喜ばしいこと。
ビールヘビーユーザーとしても、店頭で限られたブランドしかないよりも、あれこれ選べた方が楽しい。いい傾向です。

こういったビールでは、エビスブランドを抱えるサッポロが強いイメージか。いろいろ出しております。

15031906

セブン&アイ限定

15031908

分類上はリキュールだけど美味しい

キリンは瓶のばかりなので、ちょっと手が出ない。サントリーはまだ見かけません。

ヤッホーブルーイングとキリン

そのキリンは、「よなよなエール」などのブランドでジワジワ拡大するヤッホーブルーイングに、昨秋出資し、業務提携契約をした。

ヤッホーブルーイング社とキリンビール社の業務提携契約および資本提携契約締結について|2014年|ニュースリリース|キリン(2014/09/24)

15031905

ヤッホーブルーイングは、あの星野リゾートの出資会社。キリンに巻き取られることになるのか、それともいい意味での独立心を持ち続けられるのか。ヤッホーとしては、経営は安定させたいでしょうが、キリンのイメージが強くなりすぎたら本末転倒。ブランドマネジメントが難しいはずです。

ジワ飲みの時代

いずれにせよ、乾杯してジョッキでガブガブ飲むという市場は、もはや限界。そういうお下品な飲み方は、若者はしない。

15031909

年寄りは年寄りで、体力が落ちてきている。だからがぶ飲みは自ずとしなくなる。
だからジワジワ飲む。クラフトビール拡大の意味は、「ジワ飲み」の時代になるということ。

つまり、出荷量も大きくはならない。大きくなったら、むしろ本来の意味が薄れる。そういうマーケットに、大手メーカーはどんな戦略で来るのか。マーケターとしても、酒飲みとしても、大変興味深いクラフトビール市場なのであります。

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/22

 - 自腹でレビュー, 飲み物 , , , ,