映画「妖怪ウォッチ」を見た

年末年始最大のイベント

個人的にはそういうことになるかも。

14123001

東急シネマになっていたムービル

相鉄ムービルなんていつ以来だか記憶にない。すごくキレイになっておりました。

ネットで予約していったので、チケットを引き換えて、近くのファーストキッチンでしばしマッタリ。
あ、もちろん1人ではなく娘とまいりました。高校生の娘と……。「一緒に行く?」と聞いたら、「いいよ」ということでついてきてくれました。

このダイエーマークもあとわずかの命

このダイエーマークもあとわずかの命

上映開始時間が近づいて、再びムービルに行っても、平日ということもあったためかガラガラ。300席くらいのハコに、2割程度しか埋まっていず。年末モードで父親が子供を連れてきているパターンがもっとあるかと思ったら、そうではなかった。やはり昨今は年末だろうが、お盆だろうが、関係のない仕事が増えている証拠か。

デカニャンかわいい!

デカニャンの正体は……。まあすでにネタバレしていることもあるでしょうが、それは見てのお楽しみということで。

こういった映画は「ポケモン」の「ルギア爆誕」や、「ハム太郎」を見に行って以来。子供が大きくなってからは、さすがに行っていない。今はその時間はディズニーランドに変化しているのかも。映画とTDRは競合関係にあるはずです。

高校生の娘を引き連れてまで、子供アニメ映画を見に行った理由は、

流行のどまんなかがどんな感じか
体験したかった

ということ。
しかし、スカスカの館内では、「ゲラゲラボー」の乱舞・合唱も起きることはなく。おかげでじっくり見ちゃった。まあ子供の笑いのポイントがよくわかりましたけど。

 

少年ジャンプの鉄則+α

ストーリーはありがちな子供映画のパターン。「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」の映画版にも当てはまることでしょうが、子供映画はおしなべて、かの有名な「少年ジャンプ」の鉄則、

努力、友情、勝利

をなぞっている。「妖怪ウォッチ」もその点は全く同じ。ただ違う点をあげるとすれば、

お笑い要素が多すぎるくらいに多すぎ

ということか。

TVアニメ版でも、執事であるウィスパーがイジラレキャラっぽいですが、ジバニャンや他の人間キャラもボケまくる。「このネタ、今の子供たちにわかるの?」というのをどんどんぶっ込んでくる。「ドラえもん」のネタはいいとして、「スターウォーズ」のネタはわかったのかな?
さらにはホッペの赤いクマがチョロチョロ出てくる。九州つながりでの起用とはいえ、ちょっと出演シーンが多すぎだったような。

マジメ一辺倒ではなく、5分に1回くらいお笑い要素を織り交ぜる。今はそういう流れにしないと、子供の注意を集め続けることができないのかも。もしそれが事実であれば、学校の授業運営にも大きな影響を与えること。大学も90分授業から50分授業に短縮される日が来たりするのか。そんなことまで考えてしまった映画「妖怪ウォッチ」なのでありました。

あ、内容は割と面白いから、機会があれば見ることをオススメしますよ。

14123002

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/22

 - サービス, 自腹でレビュー , , , , , , , ,