プリン体ゼロ発泡酒勝つのはどれ?

プリン体ゼロ糖質ゼロでおいしいのか?

ズラリと並んだプリン体ゼロ糖質ゼロの発泡酒。

14091301

先日書いたように、4社が同質の商品を、ほぼ同時期に発売するのは珍しいこと。サッポロが一歩先んじてはいるわけですが、それもひと悶着あったため、実質的に横一線といって差し支えないでしょう。
果たしてどこが勝つのか?
ビール関連飲料は、なんだかんだいって味がシビアに評価される。何しろ飲む人は相当な量を飲みますから。それだけのものをカラダに入れるのに、マズいものを選択するはずがない。積極的に選択せずとも、カラダは正直に反応します。イヤなものはイヤと。

4本買ってきて、さすがに一晩では飲みきれなかった。ようやく全部飲みましたので、自分なりの順位づけをしてみました。

 

プリン体ゼロ勝つのはこれか?

発泡酒、そして新ジャンルのビールの新製品は、おおむねトライアルをしておりますが、自分の中で定番化しなかった理由は、

独特のエグみ

があったから。
口に入れた瞬間、口中に広がる独特の香りが、どうも苦手でした。でも、ある日クリアアサヒのプライムリッチを見たら、それがほぼなくなっていた(ゼロとはいえないけれど)。だから、我が家の定番ビールはスーパードライから、クリアアサヒプライムリッチにスイッチした。
それと同じことがプリン体ゼロにもありえるのか?

ポイントはやはりエグみでした。個人的感想として順位づけするとこんな風になります。

14091401

個人的感想です。

「世界初」を掲げるサッポロ「極ZERO」が圧勝。4社比較すると、最もエグみが少なかった。
次いで、キリンとアサヒがほぼ横並び。横並びだけど、一歩キリンの方がやや優勢に感じました。

サントリーはアカンかった。全部飲み切れませんでした。ごめんなさい。
エグみが相当キツい。キリン・アサヒのは出されたら飲みますが、サントリーのは申し訳ないけれどお断りします。

 

やはりサッポロなのか?それとも…

新ジャンルから発泡酒へと、税率の高い商品に変わったけれど、先行したサッポロがプロダクト面でも優位に感じました。
4社すべてが店頭に残ることはありえない。このジャンルでは1種類だけでしょう。となるとやはりサッポロ「極ZERO」が残るのか?

ポイントは、キリンが淡麗ブランドを使っていることか。
「淡麗W(ダブル)」で「プリン体99%カット、糖質50%カット」を謳い文句にしていたけれど、結果的には中途半端だった。
そこをサッポロにうまく出し抜かれ、結果として「淡麗W」は販売中止。「淡麗プラチナダブル」でサッポロと真っ向勝負になった。
サッポロの先行力と品質力、キリン淡麗のブランド力の勝負ともいえ、これはなかなか興味深い戦い。サッポロとしても久しぶりのヒット商品だから負けるわけにはいかない。キリンもビールが厳しい状況だけに、独走する発泡酒ジャンルで負けるわけにはいかない。

絶対負けられない戦いがここにもある

というわけです。
どちらでしょうか、勝つのは?

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/22

 - 自腹でレビュー, 飲み物 , , , , , , ,