いろはすスパークリング

14052403

い・ろ・は・すスパークリング」をようやく購入。これを買ったファミマのレジの店員さんが、うちの学生でした。妙な視線を感じていたけど、もっと気配を消さなければイカンですな。

さて、ミネラルウォーターのメガブランドに成長した「いろはす」。ついにスパークリングウォーターも登場。

日本コカ・コーラ |企業情報 |ニュースリリース: 日本コカ・コーラ株式会社 Coca-Cola Journey

WILKINSON派の自分としても気になっておりました。

飲んでみると、これが結構甘い。

ん? ん??

と、何度もラベルを見て、「香料」が入っていないか確認したほど。

スパークリングウォーターとして投入したのは、これ(プレーン)とレモン。プレーンも味付きと勘違いする人も多いのでは?

い・ろ・は・す スパークリング」は、ハードリカーのワリモノとして成長してきたWILKINSONとは全くベツモノ。そして、通常の「いろはす」ともベツモノ。

それはボトル。炭酸が入っていますから、通常のいろはすボトルよりも硬い。

つぶしやすいボトル

というイメージは、差別化要素の少ないミネラルウォータージャンルで、いろはすが守らなければいけないイメージ。だからこそ、

炭酸飲料用のPETボトルでは
国内最軽量となるつぶしやすいボトルを実現

することはマスト要因だった。
容量は515ml。通常のいろはすは555mlだから、炭酸の圧力のために40ml分の厚みが必要だったということです。

メガブランドの参戦で、にわかに沸き立つスパークリングウォーター市場。アサヒのウィルキンソン。サントリーの南アルプスの天然水スパークリング。激しい戦いとなりそうですが、勝者ははたして?

14052401

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/21

 - 自腹でレビュー, 飲み物 , , , , , , , , ,