静岡県内限定苺メロンパンを食べた

14051304

テレ朝系の番組でも取り上げておりました「苺メロンパン」。ようやく買ってみました。

14051501

正確には「笑♪苺メロンパン」だけど、タイトルに「♪」を使うと、機種依存文字で反映されないかもしれんのよね……。でも、浜松工業さんのチーム代表は、

この「笑♪」が大事なんです!

と力説してました。

パッケージの下部に、「食べてにこっと……」とあるように、これを食べて笑顔になって欲しいという願いがこもっている。譲れない一線というわけです。
ちなみに「ダイヤモンド☆ユカイ」氏の「☆」は、いつの間にか入っていたと本人がこの前ラジオで語ってました。どうでもいい話ですね。すみません。

税込150円のこの「笑♪苺メロンパン」、食べてみますとこんな感じ。

14051505

中に何か入ってます。

ピンク色のビスケット生地のメロンパンをベースに、県産イチゴ「紅ほっぺ」のジャムとレアチーズホイップクリームを入れ、ビスケット生地には紅ほっぺを練り込んだ

と記事にあるように、通常のメロンパンにこれでもかとばかりにいろいろな要素を盛り込んでおります。

はっきり言って、かなり美味しい!

これは、昨年本学で実施したビジネスプランコンテストに、浜松工業さんが参加してくれたからというお世辞ではありません。実際美味しいです。

ただ……。

14051502

これを買ったサンクスの店員さんに、「売れてます?これ?」と尋ねました。すると、「1日に少しずつですが出てますよ」という返事。まあ、お愛想という感じもしました。
「売れてないの……?」と思いつつも、それがもし本当なら、要因と思われることが食べてみてわかりました。

それは、

大きすぎる

ということ。

これは通常のメロンパンサイズ。そこに上記のとおり、ピンク色のビスケットが表面についている。中にはジャムとレアチーズホイップクリームが入っている。
若い男の子ならまだしも、女性でもかなりおなかいっぱいになるはずです。オジサンはもう大変でした♪

開発の現場とすれば、通常のメロンパンの製造ラインに、オプション的にアイディアを付加した感じでしょう。だからサイズまではいじれない。コストを考えたら当然です。

ただ、もっと売るなら、

サイズを今の半分にして
3個入り200円でデザートっぽく売る

という売り方が考えられます。名前ももう少しデザートっぽくして。そもそもメロンパンは、パンだけどデザートっぽいし。

まさか大きなメロンパン1個を切り分けて食べる人は、親族でもなければいないでしょう。
だから、大きいままで1個150円よりも、小3個200円とする。そうすることで、トライアルユース時に何人かでシェアできる。シェアすれば、1個70円くらいという感覚になる。これなら失敗してもいいかと考える。

メロンパンのサイズを小さくすることが、製造ラインにどのくらいの負担がかかるのか。この辺は、サークルKサンクスが考えなければいけないことですが、今回はそこまではやらないと判断したのでしょう。ラインをいじるとなれば、下手したら数千万円か、それ以上の費用もかかるでしょうし。

でも、ひょっとしてこれを県内限定でなく、首都圏や近畿圏でも売るとして、相応の投資をするという選択肢もあったのでは?

そんなことまで思わせるくらいデザート感覚で食せる「笑♪苺メロンパン」なのでありました。
静岡県内にお住まいの方、ぜひお試しあれ♪

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/21

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , ,