使いにくいヤマサ醤油「鮮度の一滴」

14042901

ヤマサ醤油の「鮮度の一滴」。
2年前、「醤油の容器戦争」というタイトルで書きましたが、パウチによる鮮度アップはわかるけれど、どう考えても使いにくい形状。だからキッコーマンの方を買った。
でも、

「使わずキライ」はよくない

ので、試しに買ってみました。150mlという小容量タイプが発売されていたので。

『ヤマサ 鮮度の一滴 特選しょうゆ』150mℓ鮮度パック、『ヤマサ 鮮度の一滴 減塩しょうゆ』150mℓ鮮度パック、『ヤマサ 鮮度の一滴 味やわらか丸大豆しょうゆ』150mℓ鮮度パック、『ヤマサ 鮮度の一滴 北海道昆布しょうゆ 塩分カット』150mℓ鮮度パック、『ヤマサ 鮮度の一滴 かんきつ味わいぽん酢』150mℓ鮮度パックを新発売 【ヤマサ醤油株式会社】

サイトを見ると、使い方がYouTubeにアップされております。

鮮度の一滴 150mℓ鮮度パックの使い方 【ヤマサ醤油株式会社】

うーん、やっぱり使いにくい。
実際使ってみると、1滴ずつ出すのはなかなか難しい。微妙な指感覚が求められます。普通の勢いで容器から出そうとすると、

鮮度のドバーッ!

という感じになります。

倒れてもこぼれないことが、動画にも描かれておりますが、それ以前に出した醤油が尾を引いて、パックそのものが汚れてしまう。
また、注ぎ口の折り返しも小さすぎて、自分にはかなり面倒に感じました。

と、あまりいいところもなかったので、全部使い切る前に、すみません、買い換えてしまいました。醤油は大好きだし、よく使うしで、どうにも耐えられなかったので。

14042902

さすが東海エリア。イチビキの醤油がありました

革新的な大ヒット商品、ヤマサ「鮮度の一滴」。容器形状は法的に守られているのでしょうから、他社も追随しようがない。

その一方、他社次々と鮮度を保つ容器ボトルを開発している(おそらく容器メーカーが提案してきたのでしょう)。
やはり醤油は普通の「醤油差し」の形状が使いやすい。「鮮度の一滴」のリピーターは、実際にどうやって使っているのか……。
むしろ、そういうことが気になるマーケターなのでありました。

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/21

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , ,