桃屋の生七味を食べてみた

桃屋が次に売りたいのがこれ

桃屋の生七味。正式名称は、

さあさあ生七味とうがらし 山椒はピリリ結構なお味

長い。長すぎる。ということで「以下、生七味と略」方式でまいります。
なんでも、関東圏+山梨のみの限定発売ながら、密かに話題になっている。日経トレンディネットでも、このように取り上げられました。

食べるラー油の次を狙う「生七味」、日本より海外で売れそう!? 日経トレンディネット

ならばということで買ってまいりました。

14032901

 

桃屋の生七味は何に合う?

さて、ボトルには「めん類・鍋物・汁物・丼物・焼きとり・冷奴等の薬味に」と推奨されている生七味。とりあえず冷奴にのせてみました。

14032904

美味しいです。合います。七味というより、これはむしろ「山椒」が主体。その山椒のピリリかげんが、まことに心地よい。
ただしのせる時に要注意。案外パサパサしているので、お皿からかなりこぼれました。

続いて、この日はピェンローを食べたので、最後の雑炊にもかけてみました。妹尾河童さんが広めたことで知られる中国の田舎鍋ピェンロー。〆はおじやで、ここでも通常は七味を投入します。そのかわりに生七味。

14032905

これはメッチャ合う! すごい美味しい!
さらに冷奴と違って、ごはんに水分があるので、無用に散らばることもない。使い勝手としては、汁系にかけるとよさそうです。
焼鳥でも試したいところだけど、ポロポロ落ちそう。

同じく食べた子供も絶賛していた生七味ですが、うちの奥様は「うーん……」とあまりいい顔をせず。うちの奥様は、山椒系の辛さがあまり好きでないようで、そういう方には向かないかもしれません。

 

生七味誕生の経緯がおもしろい

「食べるラー油」で一発大ヒットを当てた桃屋。ただ、その開発経緯は、必ずしも完全オリジナルではなく、「石垣島ラー油」を真似したものだった。

実は「生七味」も先行した商品がある。

生七味|久原本家|茅乃舎・椒房庵総合通販サイト

九州福岡の久原本家が売っている生七味が元祖。1ビンなんと1260円! 高い! 高すぎる! もちろんまもなく値上がりするのでしょうか?
ちなみに桃屋のは、税別322円でした。

さてこの久原本家の生七味は、今から3年前のTBS系「がっちりマンデー!!」で取り上げられております。

TBS「がっちりマンデー!!」

ここから火がついたといえそうですが、TBSの番組サイトにこんなコメントが残っております。

そんな生七味、ヒットのきっかけは昨年春の「食べるラー油」ブーム!
その時、次なる食べる調味料を「ポスト食べるラー油」としてメディアが注目したのが、この生七味だったのです。
TBS「がっちりマンデー!!」2011.1.9 ONAIR 儲かるごはんの上 第2弾!より)

この久原本家の生七味が注目されたきっかけは、「食べるラー油ブーム」にあった。今から5年前、「ご飯にのっける次なる商品はないものか」とみんな探していた。そこで目をつけられ、いきなり大ヒットとなった。
そして今、めぐりめぐって、今度は桃屋が投入してきたということです。

桃屋といえば、「ごはんですよ」「江戸むらさき」「花らっきょう」などがありますが、よく考えれば、こうした商品は、大昔なら家庭で作っていたもの。
ただ家庭で作るには、結構な手間がかかる。今はそんな時間はなかなか取れない。
じゃあ製品化しようとなると、久原本家の生七味のように、1000円以上もしてしまう。
それをさらに大量生産することにより、コストダウンを図り、誰でも手に入れやすいものとする。これこそが桃屋の存在価値ということがわかります。

どこまでヒットするのか?

最近は作られたブームは、すぐに冷める。というより、ブームにまでならないこともある。マスコミだけが盛り上がって終わる話題商品も数多い。この「生七味」はどこまでヒットするのでしょうか。

14032903

そこまでヒットしない理由としては、上記のように「案外パサパサで散らばる」「山椒がきらい」ということがある。
ただ、景気回復局面では辛い商品がヒットするという都市伝説もある。かつては暴君ハバネロ、今は普通の人はまともに食べ終えることができないという「ペヤング 激辛やきそば」でしょうか。
こうした勢いに乗っかれば案外いけるか。ラー油ブームも一段落しましたし、辛いものが好きな方は何かを探したいところでありますから。

正式名称「さあさあ生七味とうがらし 山椒はピリリ結構なお味」。唐辛子の辛さよりも、山椒の辛さを楽しみたい方、一度試してみる価値はありますよ。

14032906

Google AdSense2

Google AdSense

      2016/01/26

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , , , , ,