チェリーコークを飲んでビリオネアになろう!

13122502

ハッピークリスマス!
ジョン・レノンでなくとも、平和を願いたい1日でありますが、さりとて先立つものが欲しいのは事実。

世の中お金じゃないんだよね……

というのは、お金持ちの戯言。やはり最低限+αで、αの分は、いくらあってもよいと考えるのが庶民であります。
そんなアナタにこっそり教える

超お金持ちになる方法
13122501

かなり確実な方法が、今だけ可能です。何しろ、世界有数の資産家2人は、これを実践しておりますから。

そうです、その2人とは、

ビル・ゲイツとウォーレン・バフェット

ともに総資産が4兆円を超える彼らがこよなく愛する飲み物が、今日本で限定販売されております。

13122505

日本コカ・コーラ | 製品情報 | チェリー コカ・コーラ Coca-Cola Journey

Wikipediaによると、過去日本では、1985年と2006年に販売されたチェリーコーク(日本名:チェリーコカコーラ)。1985年に自分は飲んだ記憶がありますが、まあマズかった。ドクターペッパーみたいな味です。だからか、過去2度の発売はいずれも不発に終わる。
それがこの冬7年ぶりに販売する。これはどういう意図なのか? 味を日本人向けにいじったのでしょうか?

ホットカナダドライのニュースリリースはあるものの、チェリーコークのことは公式発表は何もない。静かなマーケティングです。実質的にテストマーケティングなのでしょうか。

飲んでみると、たしかに前ほどの「インパクト」はないような。甘味がいやらしくないです。「クスリっぽさ」は減ってます。
とはいえ、「飲めないことはない」という程度。わざわざこれは飲まないかなぁ。まあ、飲み続ければビリオネアになれるというのなら、喜んで飲みますけどね。

1950年代から日本人になじんできたコカコーラ。そのコカコーラが、アメリカやイギリスなどでは定番になっているというチェリーコークで3度目の挑戦をする。コカコーラ社にしてみれば、「ゼロ」や「ゼロフリー」みたいな、人の弱みをついたような商品よりも、自分たちが愛する本格フレーバーを日本人に飲ませたいのか。

この冬のコカコーラは、「赤い服着たサンタ」の種明かしを堂々とするなど、直球勝負できています。王道路線でクリスマスにコークを売って、ついで買いを誘発するという戦略なのかも。
チェリーコークが日本で定番化する日はくるのでしょうか……?

13122504

 

ゲイツとバフェットにCMに登場してもらえば、日本人はあっさりとガブ飲みするようになると思うんですけどね。日本人はそういう民族です笑。

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/22

 - 自腹でレビュー, 飲み物 , , , , ,