マルちゃん正麺カレーうどんも食べましたが

ということで、バラ売りが始まったので、これも食べました。

13111301

正直言って、「うどん」の方の評価がアレだったので、別に食べないでもいいかなと思っておりました。
でも、「カレーうどん」って、そもそもハズレにくいメニューじゃないですか。うどんなんて、自分みたいなのが打っても、ギリギリ許せるのができるし、カレーだって、むしろマズく作る方が難しいくらい簡単なメニュー。したがって、「カレーうどん」がマズいはずないんですよ。だから、「食べるまでもない」と思っていたのですが、そこはまあなんというか、食べてみてもいいかな……みたいな感情もムクムクと湧いてくるわけでして。

13111302

問題は、いきなりわかりました。まず、作り方が違う。

13111303

「正麺うどん」も含め、正麺ブランドはいずれも、「スープの素を丼に入れておき、そこに茹で汁を加え、スープを完成させる」というパターン。でもカレーうどんは違う。3分間麺を茹でて、スープを投入し、さらに2分間茹でます。トータル5分間の調理。これはちょっといけませんな。

まあ、そんなことにブツブツ文句を言いながら、カレースープの素を入れると、ラーメン系乾麺ではありえない色になり、「おーっ!」なんて、ちょっと感動したりして。

13111304

ネギでも入れようかと思ったのですが、前夜の鍋にすべて使い切ってしまい、やむなくカイワレで代用。あと、玉子を落としました。

13111305

丼によそった瞬間、「おわっ!」と思ったのですが、あえて残しました。「ダマ」を。

2つ上の画像に、「ダマにならないよう手早くかきまぜろ」との指示があります。3分経過して、湯気ボーボーの鍋に、スープ粉を投入するのって、結構焦ります。だって、粉が飛び散りそうだし、湯気で変なところにくっつきそうだし。だから、湯気で熱い思いをしつつ、静かに投入し、さらに丹念にかきまぜました。
でもこれです。カレー系インスタント麺の最大の欠点。

溶かしながら食べれば問題ないのですが、できあがりの印象はよくない。カップ麺では許されても、「丼にきっちり作る感」のある袋麺で、これは許されない。ラーメン系ではこんなことありえませんから。できあがりが中途半端なのは、自己責任ではなく、メーカーの責任と考えるのが消費者というもの。次にまた作ろうとは、ちょっと思わないです、これでは。

カレーうどんで、スープの素はペーストではできないのでしょうか? 味噌ラーメンではありますし、インスタントみそ汁でも当たり前。あれみたいなものにすれば、こうした「ダマ」は防げるような。

麺のことは、もう書きません。正麺うどんと同じ評価です。
せっかく発売以来、好調を続けてきて、これが変なきっかけにならなければいいけど……。

40年続いた袋麺帝国に風穴を開けた、偉大なヒット商品「マルちゃん正麺」。「うどん」は、さらなる改善を期待しておりますよ!

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/21

 - 自腹でレビュー, 食べ物 , , , , ,