川崎駅西口徒歩8分ラーメンマキタ

川崎ラゾーナに入っている丸善で目的の書籍を探し求め、さて昼飯をどうしたものかと思い、「今日ならスシロー空いてるか?」とミューザに入っている店舗に行ってみたら、ざっと15人くらい待ち。川崎市民、どんだけスシローに飢えとるねん!

というわけで、そのまま駅方向に帰っても面白くない。そのまま西方向に歩く。
松屋、ココイチなどとともに、何軒かの中華料理店があるが気が乗らない。もう少し歩くと、「ラーメン」とだけ書かれたお店を発見。

13090912

怪しい。ものすごく怪しい。だいたいお店の名前がわからない。
庇の上に書いてあるようだけど、読めない。なんだこの店は!
だいたい暖簾らしきものがかかっているけれど、ここは入口なのか、厨房口なのか、よくわからない。不安いっぱいであります。

ということで、店の前で、そそくさとiPhoneで検索。

ラーメン マキタ - 川崎/ラーメン [食べログ]

お、かなり評価が高い。ということで、意を決して入ってみる。

店内はカウンターだけ6席。はっきり言って、お世辞にも綺麗とは言い難い。でも、雰囲気はある。
メニューはシンプルに味(醤油、とんこつ、味噌)と量(並、大盛、ダブル)から選ぶだけ。あと、玉子やメンマ、チャーシューをトッピングで選べる。
食べログでは、豚骨系がウリのようだけど、初めてのお店はとりあえず醤油を頼む主義。醤油ラーメンに玉子(50円)をトッピングを注文。

一見コワモテ風だけど、話してみると愛想の良いおっちゃんが1人でやっている店。エアコンもなし。今日だからか? 夏場はどうしていたんだろう? そのくらい暑かった。

13090910

ネギのように見えるのは玉ねぎです。品川区新馬場のイレブンフーズという店で修行されたようで、そこと同じような作りだとか。キクラゲ大好き人間として、ラーメンに入れてくれるのが嬉しいですな。

味は見た目より、ずっとサッパリしています。食べログのレビューなどを読むと、生姜が入っているのか。なるほどね。
そしてチャーシューであります。

13090911

このサイズのチャーシューが2つ入っています。チャーシューというより肉塊。でも、箸どころか、レンゲでもスーッと切れるくらい柔らかい。いやー、店内の回転率さえ許せば、これをツマミにビールを飲みたいくらい。実際、他のお客さんのほとんどがチャーシューをトッピングで頼んでいる(200円)。おなかに余裕のある時ならチャレンジしてみたいものであります。

わずか6席のラーメン店。最初に書いたように、店内は決して綺麗ではない。それでもお客さんが来るのは、このチャーシュー目当てか。

やはり、「Product」さえよければ、何とかなるという考え方は間違いではない。もちろん最低限のサービスはありますが、初めてのお客さんを捕まえるには、何といっても「Product」が肝心。それも、ありきたりではなく、「これはスゴい!」と思わせるProductでなくてはいけない。

そんなマーケティングの基本を改めて実感させてくれる、街の小さなラーメン屋さんでありました。

 

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/12/25

 - 自腹でレビュー, 飲食店 , , ,