ビジネス書こそKindleで読むべきただ1つの理由

iPad miniが読書スタイルを変えた

そういうわけで、ノーパソを買い換えるか悩んだ結果、iPad miniを買うことにしたのですが、これが大正解でした。

何しろ動作が機敏。AmazonのFireも考えましたが、すでに持っているFire7のトロさを考えたら却下。タブレットも、CPUをはじめとした性能がどれほど重要か、実感しております。

そしてKindle。

やはり大画面で読めるのはよいです。しかも、スタンドにして読むと、本を持つ必要もない。これ、当たり前ですが、腕が全く疲れなくて、とてもよいです。

値段が安いだけではない

すでに、いくつかの出版社は、紙の本とKindleで価格を差別化しつつある。先般買った「群衆心理」(ギュスターヴ・ル・ボン 著、桜井成夫翻訳、講談社学術文庫)は、紙とKindleで400円ほどの差がありました。

ここまで安いと、Kindle本を購入する動機になります。デスクまわりや書棚を埋め尽くされることもありませんし。

紙の本も買ったりしても、持ち歩くこともできないし、なかなか読み進まない。今一番本を読むのは、実は風呂の中。古いiPhoneをジップロックに入れて読んでます。そんなわけで、結局アナログとKindleの両方買ってしまった本も何冊かあり。無駄ですな。

辞書機能もとても便利だが

電子書籍の便利な点は、辞書機能もあります。「あれ? この言葉の意味なんだっけ?」と思っても、すぐに調べられる。この前は「眷属」という言葉の意味が、「え? そうだっけと思い、調べたらこんな風に」。アナログ本だとこうはいきません。

ここらあたりまでは、スマホで読んでも同じことなのですが、iPad miniにして、劇的に変わったことがあります。

画面分割で捗るまとめノート作成

いつの頃からか、iPadは画面分割ができるようになり、2つのアプリを同時使用できるようになりました。これを使うことによって、これまで「お気に入り」などをしてきた文章のまとめノートが、簡単に作れるようになりました。

こちらの本を題材にしてみましょう。「両利きの経営」という、ちょっと面白いタイトルの本。
東洋経済オンラインの宣伝記事に載せられて買いましたが、かなり刺激を与えてくれる内容でした。オススメです。

Kindleは、気になった箇所に蛍光ペンでマーキングするようにできますが(ハイライト機能)、それを「マイノート」でまとめて読むことができます。きになった文章にチェックを入れるのは、アナログ本でも同じこと。でも、たいていはそのままでしょう。そして、付箋を貼ったり、ページを折っておくことでもしなければ、自分がどの箇所が気になったのか、振り返ることは容易ではありません。
でもiPad miniで画面分割すれば、こうしてEvernoteに転記(コピー、ペースト)して、自作ノートを簡単に作ることができる。

こうしたノートを作っておくことによって、「あの本は何がよかったんだっけな」と振り返る時に、いちいちKindleのページをめくる必要がなくなり、自作ノートだけを読めばよい。これが超便利です。今までどうしても読み捨てていた本の内容が、簡単に復習できる。勉強は予習よりも復習ですから、良質の本をより深く、何度も学習することができます。

小説のような本だったら、マーキングすることもないと思いますが、ビジネス書は何かを勉強するために読むもの。マーキングは必須です。ただ、マーキングしっぱなしでもいけない。それをこうしてノート化すれば、「自分の要約本」を簡単に作ることができる。もっと早くiPadを買っておけばよかったと、つくづく感じました。せっかく読んでも、Kindleに眠らせても意味がない。本から得た知識を、より実用的にするためにも、本当にオススメです。

 

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , , ,