ルノアールで昼食を

営業マンの癒やしの場

ルノアール。その名を聞いて、印象派の絵画を思い出すか、疲れ切ったサラリーマンがグッタリしている姿を想像するかで、あなたの人生がわかります。

過去何度お世話になったかわからない喫茶室ルノアール。「何度か」という表現より、「通算何時間」というか、「延べ何日」と表現した方が的確な気がします。
「銀座ルノアール」とかいろいろな呼び名がありそうですが、ここで整理しておきます。

銀座ルノアールは社名なんですな。勝手に混乱してました。
そんなルノアールが最近革新しています。Edyしか使えなかった電子マネーが、ほぼすべてに対応した。首都圏で展開していながら、Suicaが使えないのは致命的でした。ましてやワンコインとか、300円とか、キリのよい金額でもなかったので、かなりの不満でした。それが解消されただけで、利用頻度はグッと高まりました。

クレジットカード・電子マネー決済サービスの取り扱い開始~銀座ルノアールの店舗で、2018年6月12日より順次導入~|株式会社 銀座ルノアールのプレスリリース

モーニングは12時まで

そんなルノアールのモーニングサービスは、開店から正午まで。都心の店だと7時台から開いているところもあるので、とても便利。

ドリンク代に100円前後の料金をプラスするだけで、こんなサンドイッチが食べられる。

上記の画像はSセット。ブレンドコーヒーとセットにして800円でした。スープもついておりますが、減塩生活のため、「いらないよ」とつけてもらいませんでした。ちょっと高いかもしれないけれど、この後、お茶も出てきて、滞留時間も気にしなくてよいのなら、十分アリではないかと。

また、ちょっと早めのランチに使えるというのは、オジサンには大変ありがたい。だって、丼系とか、麺系の無限ループじゃランチも飽きます。たまにはパン類を食べたいけれど、マクドナルドじゃ虚しいし、サブウェイじゃお洒落すぎる。だいたい注文の仕方がよくわからない。そんな中高年が賢く使うべきなのはルノアールなのです。

ここまではサラリーマンをターゲットとして、賢い活用術みたいな感じですが、実はルノアールは、さらに革新しつつあります。

お洒落なルノアールで本格ランチを

かつて何度か使っていた目黒駅前のルノアールが、久しく改装工事をしていて、9月中旬にオープンしていました。こんなチラシを店頭で可愛らしい制服を着た女性店員さんが配っていました。

都会的なコテージ!

本気かよと思いつつ、内装はこんな風になってます。

カップも厚手のものになっており、チェアも確かにコテージ風。色のバリエーションもあって、いい感じです。
普通のルノアールには、これがありますからね。

セカンドバッグを抱えたオヤジが、どっかりと座り、おしぼりで顔の汗を拭きつつ、怪しげな商談をする。それがルノアールのかつてのイメージ。そしてこの低いソファ風チェア。腰が沈むので、腰痛持ちにはツラい椅子です。

オバサマ族のランチにルノアール

自分としては、気分転換をしたい時というか、考えごとをじっくりとしたい時にルノアールを使っています。30分でも集中して、ワーッとイメージを展開したい時などは、図書館のような静謐な環境よりも、ある程度の雑音があった方が仕事が捗るタイプなので。

そんなある日、仕事をしていたら、隣の4人席にオバサマ族が3人入ってきた。自分よりおそらく年上。いつぞや川崎・平間のワークマンにいたようなタイプ(Facebookご参照)。「うるさくされるとヤダな~」と思いつつ、イヤホンの音楽のボリュームを上げる。
ふと我に返り、そろそろ出るかと支度をしていると、オバサマ族は静かにしている。それどころか、ナイフとフォークで何やらカチャカチャしている。「え?どうしたの?」と思ったら、たぶん、下の画像にあるピザトーストをおとなしく食べてました。

公式サイトにも値段表示がないので、わからないけれど、500円はしないくらいでしょうか。コーヒー飲んで、1000円ですめば、ゆったり過ごせる目黒のランチとして上出来なのではないかと。

メニュー | Cafeルノアール

名古屋のコメダ珈琲の首都圏展開も着々と進んでいるようで、ルノアールとしても、サラリーマンのみをターゲットとはしていられない。ユーザー層の拡大は必須です。

コンビニコーヒーも完全に定着したため、サラリーマンの「ちょっとコーヒー」という需要を奪われたのは、銀座ルノアールとして痛いでしょう。おそらくそんなことも踏まえての、店舗の大改装とイメージチェンジ。
「都会的なコテージ」のルノアールが、どこに、どんな風に受け入れられていくのか、自分も利用しつつ、観察していきたいと思います。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , , , , , ,