星野仙一の記録

急逝した闘将

あまりにも突然の報せに驚きです。

殿堂入りのパーティーでの元気な姿。そして、プロとアマの架け橋となろうというメッセージ。いろいろ考えるだに悲しい気持ちになります。残念という言葉以外ありません。

投手としても、そして監督としても、一流の結果を残した星野仙一さん。その成績を改めて確認しておきます。

3球団で優勝は史上3人目

1つのチームを率いて、優勝に導くことだけでも凄いことですが、複数球団でそれを達成することは、さらに難しい。読売を追われ、西鉄の監督となった三原脩さんが、終生のライバル水原茂さんが、東映フライヤーズを率いて日本一になった時、ようやく認めたという逸話も残るくらいです。

複数球団でリーグ優勝を達成した監督は、過去に10人だけ。そして3球団で優勝したのは、三原脩、西本幸雄、そして星野仙一の3名のみ。

監督としての星野仙一は、なかなか日本一になれませんでしたが、2013年楽天を率いてようやく達成。震災からの復興、そして田中将大の大車輪の活躍とともに、強く記憶に残るシーズンでした。

対読売戦歴代勝率1位

投手としての星野仙一を象徴するのは、読売キラーだったこと。勝利数では金田正一さんに遠く及びませんが、勝率では大洋・平松さんを抑えて1位。下記の出典はこちらです。

そうそうたるメンバーが並びますが、勝率5割を超えているのは、わずか3名なんですな。

プロとアマの垣根が、まだまだ強く残る野球界。それをぶち壊してもらうには、星野さんのような手腕と人柄がなくしてはありえない。そんな夢はまた遠のいてしまうのか。心からお悔やみを申し上げるとともに、本当に本当に残念でなりません。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , ,