築地マグロ初競り最高落札価格 歴代推移表

今年は穏やかに

恒例の築地市場でのマグロの初競り。今年の最高落札価格は3645万円。

2000年以降の最高落札価格の推移は、下記のとおり。昨年が7420万円でしたから、ほぼ半値。穏やかな競りとなったようです。

落札者は、例によって「すしざんまい」かと思いきや、今年は見送ったようで、落札者は銀座の「鮨おのでら」とのこと。

築地市場で最後の初競り 最高値は3645万円のクロマグロ | NHKニュース

「すしざんまい」は量より質に

今回最高価格の落札価格となったマグロのキログラム単価は9万円です。

築地マグロ初競り最高落札価格推移表
金額
(万円)
重量
(kg)
kg単価 産地 落札者
2000年 450 196 22,959 青森・大間
2001年 2,020 202 100,000 青森・大間
2002年 280 215 13,000 青森・大間
2003年 638 228 28,000 青森・大間
2004年 393 151 26,000 青森・大間
2005年 585 234 25,000 青森・大間
2006年 469 293 16,000 長崎・壱岐
2007年 413 207 20,000 青森・大間
2008年 607 276 22,000 青森・大間 リッキー・チェン
2009年 960 128 75,000 青森・大間 リッキー・チェン/久兵衛
2010年 1,628 233 70,000 青森・大間 リッキー・チェン/久兵衛
2011年 3,249 342 95,000 青森・大間 リッキー・チェン/久兵衛
2012年 5,649 269 210,000 北海道・戸井 喜代村
2013年 15,540 222 700,000 青森・大間 喜代村
2014年 736 230 32,000 青森・大間 喜代村
2015年 435 180 24,113 青森・大間 喜代村
2016年 1,400 200 70,000 青森・大間 喜代村
2017年 7,420 212 350,000 青森・大間 喜代村
2018年 3,645 405 90,000 青森・大間 鮨おのでら

上記NHKの記事によれば、「すしざんまい」は、

青森県大間港で水揚げされた190キロのクロマグロを3000万円余りで買い取りました

とのこと。こちらはキログラム単価になおすと16万円で、陰の最高落札価格ともいえます。「すしざんまい」の木村社長は、最高落札価格をとれなかったことを悔しがっておられますが、質はこちらが最高とのこと。405kg3645万円のマグロと、190kg3040万円のマグロの食べ比べをしたらどうなるのか……。

豊洲最初の初競りはどうなるのか

過去の最高落札価格と、その重さを散布図にしてみると、下記のようになります。

「マグロバブル」の傾向は、「喜代村(すしざんまい)」が本格参戦した2012年から始まった。2013年の1億5000万円超は、かなりの異常値であったことがわかります。ただ、昨年2017年は、5年ぶりにバブルだったものの、今年の最高落札価格は2012年、2013年、2017年を除けば、比例直線にのっているようにも見えます。

豊洲への移転が来年10月と本決まりになり、今年が本当の「築地最後の初競り」。来年の「豊洲最初の初競り」がどうなるのか。

もともと2012年に「すしざんまい」木村社長が、香港・久兵衛連合と張り合ったのは、「最高のマグロを日本の方々に」ということで、震災からの復興も兼ねた景気づけの意味合いもあったように記憶しています。
豊洲での初競りにも、同じような景気づけのバブル価格となるのか。それとももはや「量より質」となるのか。その結果は、また1年後に。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , , , ,