日本でもそろそろノーヒットノーランあるか

MLBで1年ぶりのノーノー

イチローの所属するマイアミ・マーリンズ、エディソン・ボルケス投手がノーヒットノーランを達成。

ボルケスがノーヒッター イチローは出場せず - MLB : 日刊スポーツ

メジャーリーグ(MLB)として、昨年4月、カブスのジェイク・アリエータが2年連続2度目のノーノーを達成して以来、ほぼ1年ぶりのこと。
MLBでは、2015年に日本の岩隈久志も含め、計7名のノーヒッターが出ました。2014年には5名。それが昨年1人と急減しました。スタジアムで起こるあらゆるプレーを映像に収め、解析するスタットキャストの影響なのではないかと思いますが、どうなのでしょう。

(猫とハイチューが好きだったザガースキー投手)

ノーヒッターの日米比較

ノーヒットノーランの達成数は時代とともに移り変わります。MLBは見事なまでに10年サイクル。

スプリッター全盛の90年代にノーヒッターは増えたものの、その対策が施された00年代には半減する。そしてチェンジアップ、カットボールという微妙に動く球の登場により、また10年代には増えた。しかしデータ解析により、また対策された。
各年代の防御率、三振数、安打数、内野ゴロ数などを比較しないと正確ではありませんが、おそらくそんなところではないかと推測いたします。

日本は3年も出ていないのでそろそろ…

かくいう日本プロ野球では、2014年の西武(当時)の岸孝之投手がロッテ戦で達成して以来出ていません。

(直近10回のノーノー)

直近10回に絞っておきながら、DeNAの文字が2箇所も見えますな。2012年、DeNAが船出した年、マエケン…。頭痛が…。

日本の野球は、往々にして姑息なバントでノーノーを回避しようとすることが見られるので、そもそも出にくいのかもしれません。まあ恥ですもんね。
ただNPBにも、カッターやチェンジアップを投げる投手は確実に増えてきた。球速も、大谷翔平が破格すぎるので、150kmを投げても何とも思わなくなりました。そろそろ久しぶりのノーヒットノーランが見られるのではないかと思います。

(ベイスターズのエースナンバーは17です)

交流戦で、相変わらずパ・リーグにいいようにやられているセ・リーグ。我がベイスターズは今日はソフバン千賀投手を相手にしなければいけない。NPBで今最もノーノーに近い投手の1人でしょう。

ノーモア・ノーヒッター!

今永投手、負けじとよろしくお願いします!

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , , ,