iPad miniはホームボタンだけの修理はできないので

奪還!iPad mini!

子供に貸していたiPad miniを奪還。これでiPad2、iPad mini、iPhone6Plus、iPhone5と4台勢揃い。

16033110

iOSのバージョンアップによるアクティベーションの問題も乗り越え、さてどうやって使い分けようと考えていたところ、iPad miniのホームボタンがおかしい。グリっと押し込まないと反応しない。Wi-Fi専用としてはいるものの、持ち歩きで使えないか考えていたのに、これは困る。

買い換えるのも馬鹿らしいので、修理してもらおうと渋谷のAppleストアに行ってみたところ、

iPad(mini)はホームボタンだけの修理はできないんです

とのこと。

「iPad mini ホームボタン 交換」で検索すると、それっぽい修理業者が出てくる。

ipad mini ホームボタン 交換 - Google 検索

でも、iPhoneはボタンのみの交換が可能だけど、iPad系は全面交換、つまり機種そのものを交換するしかないのだとか。なんか変ですなAppleさん。

ホームボタンを画面上に出す技

申し訳なさそうに対応してくれたAppleの店員さんが教えてくれたのが、ホームボタンを画面上に出すテクニック。そういえば、どこかで見聞きしたことがあるような気がしましたが、ここで備忘録的に記録しておきます。

まず、「設定」で「一般」をクリックし、さらに「アクセシビリティ」を選ぶ。その下の方に「AssistiveTouch」があるので、そこをクリックする。

16033101

すると、こうなるので、ボタンをオンにする。

16033102

すると、画面上にボタンが現れます。

16033104

ホームボタンらしきものがわかるかと。実際にははっきりと出ます。

ホームボタンだけとして使うなら調整が必要

この機能は「AssistiveTouch」というだけあって、ホームボタン以外にさまざまなボタンの代わりも果たしてくれる。デフォルトでは6つの機能がついており、これは自分で設定変更可能。

16033105

でもどの機能を使うか、いちいち選択しなければいけないのが面倒。なので自分はひとつだけに絞りました。
「6個のアイコン」の下にある「-+」のボタンの「-」をクリックすると、ボタンが1つずつ減っていく。いきなりホームボタンが削られてしまうので焦りますがご安心を。最後に残った1つを「ホーム」に設定してあげればOKなのです。

16033106

画面上のどこにでも置ける?

この画面ホームボタンは、原則的にどこにでも置けるようです。一番使い勝手がよいのは、このあたりか。

16033107

画面上で邪魔という時には、Dockに入れてしまうことも可能。

16033108

極端なことをすれば、ど真ん中に置くことも可能。

16033108

アプリと同じように並べることができるといいのだけど、それはできないもよう。

ちなみに最後の3枚の写真は、普通にデジカメで撮影。そう、仮想ホームボタンは画面キャプチャには使えない(やろうとすると、仮想ボタンが消えてしまいます)。その点だけはあきらめるしかなさそうです。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , ,