2016年ベイスターズ試合日程をGoogle Calendarに

備忘録として

ここ数年、ベイスターズの試合日程をGoogle Calendarに取り込んでいるのですが、これがなかなか面倒な作業。NPB公式はデータ提供してくださいよ。

ということで、年に1回しかやらないことで、いつもやり方を忘れてしまうので、今年はここにメモとして残しておきます。
データを使いたい方は、一番下にリンクを貼っておりますので、一気に飛んでくださいませ。

元データはスポニチ公式から

改装なったNPB公式サイトですが、試合日程はこんな風になっております。

試合日程・結果 | NPB.jp 日本野球機構

これでもいいのだけど、いきなり3月の少ない試合日程だけだと萎える。それはまだいいとしても、「印刷用PDF」ってなんだよ。印刷して壁に貼れってか? なんという時代遅れ……。

ということでソースはスポニチ公式を使いました。今年は交流戦も一括して日程に組み込まれております。昨年はバラバラだったと思います。

2016年3・4月セ・リーグ日程 プロ野球試合日程― スポニチ Sponichi Annex 野球

ちなみに、ニッカン、サンスポは公式サイトに今年の試合日程は掲載されておりません。昨年のままです。ダメですな。

データをExcelにコピーする

このスポニチのサイトデータを、ひたすらExcelにコピーするのが最初の作業。

16013002

すでにやってしまっておりますが、日程部分はセル統合されているので、分割します。
さあここからが問題。画像のようにたとえば、2月20日のオープン戦開幕日は3試合ある。しかし日付は一番上の「巨人・DeNA戦」しか入っていない。これを他のセルにコピペしていかねばならない。すべての作業の中でここだけ力技です。何も考えずに淡々とやりましょう。

16013004

ここまでくれば、あとはExcel関数を駆使するだけ。

Excel関数を駆使する

自分は他球団には興味ないので、ベイスターズの試合だけ取り出したい。これはIF関数を使って、こんな風に処理いたしました。

16013005

=IF(B1="DeNA",1,IF(D1="DeNA",1,2))

ホームかビジターかで入っているセルの左右が変わる。どちらかにDeNAと入っていたら「1」を、そうでない場合は「2」としなさいという関数。便利ですなExcel関数。

ただ、ここで一度つまずきました。式は合っているのに、ベイスターズのデータが引っかからない。あれこれ調べて、どうやら元データの「DeNA」という入力が全角だったり、半角だったりすることが判明。ここは半角で統一しました(置換した)。
入力作業は何人かで分かれて、手作業で行っているのでしょうか? ちょっとシロウトっぽい仕事ですな。

次に、データ取り込みの際、「Subject」(やること)とするデータをまとめます。本来場所なども個別データとして取り込めますが、そうするとカレンダーとして表示する時に見えない。だから対戦カードと球場名を合体させます。

16013006

=E1&"vs"&G1&"("&H1&")"

セルデータの統合は、「CONCATENATE」という関数がありますが、面倒なので最近は「&」でつなぐ方法でやっております。文字として認識させたいデータはもちろん「””」でかこみます。

データをまとめる

あとはデータをGoogle Calendar仕様にまとめるだけなのですが……。ここでもつまずきました。

16013007

こういうスタイルにすればよいのですが、「Start Date」「Start Time」のところは、それぞれ日付のみ、時間のみのデータでないと反映されない。「Time」のところの生データ(画面表示されているデータでなく)が「2016/1/30 13:00:00」となっていると取り込んでくれません。

カレンダーには試合時間も入れたいので、だいたいの目安として自分は3時間を見ております。だから「End Time」は、「Start Time」に「=B1+3:00」という式を入れて処理する。

できあがりはこちらに

ここまではExcelファイルで作業しましたが、取り込む際には、CSVファイルに変換しなければいけない。このブックだけを別保存して、CSVとする。

データを取り込むと、こんな感じになります。

16013001

広島で開幕を迎えた後は、ハマスタで読売、阪神6連戦なんですな。今から楽しみです。

さて、データはこちらになります。オープン戦の日程も入っております。くれぐれも自己責任で、ご自由にお使いくださいませ!

2016横浜DeNAベイスターズ試合日程

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 ,