マグロ初競り価格推移

自分がブログを書き始めた15年前、当時は築地の先、勝どきにあるオフィスに通勤しておりました。築地駅から歩いていると、こんな横断幕が掲げられておりました。

16010519

2000年1月撮影

 

石原慎太郎都知事(当時)が強引に推進していたように記憶しておりますが、いよいよ実現となるわけです。

そんな築地では最後となる初競りが行われました。注目を集めるマグロの初競り。「最後の築地」ということで、ご祝儀相場も含め、どんな価格になるのか……と思っておりましたが、久しぶりの1000万円超えとなりました。

築地のマグロ初セリ、最高値1匹1400万円 キロ単価2.8倍  :日本経済新聞
16010518

落札者は「つきじ喜代村」。日本のマグロを日本人の手でということにこだわってきた喜代村。今年も無事落札となったようです。

価格の推移をグラフにしてみますと、このようになります。

16010517

(クリックで拡大)

 

香港勢と競り合った2013年が異常値となっているため、グラフとしての機能が損なわれております。でも、目を凝らして見れば、やはり高くて700~800万円あたりが、妥当な競り値なのではないでしょうか。

来年からはいよいよ豊洲。そこで取引される最初のマグロは、いったいどんな価格となるのでしょうか?

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2018/01/05

 - 日記 , ,