ダイバーシティ新時代

オコエ瑠偉

高校野球東東京大会で優勝した関東第一高等学校。主役は紛れもなくトップバッターのオコエ瑠偉選手でした。

甲子園決めたオコエ瑠偉、憧れ親戚ロッテ内/東東京 - 高校野球 : 日刊スポーツ

183cm、88kgという体格にして、50m走5秒9という俊足。昨日の試合でも、センター前の安打で二塁を陥れておりました。外野手ながら、その素材のよさから、ドラフト上位指名必至といわれております。

15072804

サニブラウン・アブデル・ハキーム

陸上界には、桐生祥秀選手を上回る超新星が登場。サニブラウン・アブデル・ハキーム選手。先ごろ行われた世界ユース陸上の100mと200mで優勝。しかも200mは、あのウサイン・ボルトの持っていた大会記録をも更新して、にわかに周囲が沸き立ってまいりました。

ボルトを抜いた16歳・サニブラウン。「五輪の金と世界記録」狙いを公言。 [オリンピックへの道] - Number Web - ナンバー

サニブラウン選手は、まだ高校1年生の16歳。しかし身長187cm。短距離選手でここまで体格のいい選手は、日本では珍しい。身体が出来上がってくれば、いったいどんなタイムを出せるのか。「五輪で金、世界新記録」を公言するのも、当然でありましょう。

来月北京で行われる世界選手権の代表の座も、ほぼ確定し、どんな走りをするのか期待されます。

15072803

八村塁

バスケットボール界には、真剣にNBAでのプレーを期待される高校生が現れた。

【バスケ】17歳・八村塁、代表候補初選出 U17世界選手権で得点王 : スポーツ : スポーツ報知
バスケ男子 田臥が高校生の八村を絶賛/スポーツ/デイリースポーツ online

198cm、95kgという体格は、バスケットボールの世界では珍しくない。しかし、まだ高校3年生の年齢ながら、ベテラン選手相手に臆せずプレーする姿は、その将来性を感じさせるに十分だそうです。

15072801

真の多様化

オコエ選手の父親はナイジェリア出身。サニブラウン選手の父親はガーナ出身。そして八村選手の父親はペナン出身。母親はいずれも日本人。
これまでも、いわゆるハーフと呼ばれるスポーツ選手はいた。

ハーフ・クォーターのスポーツ選手まとめ【男性編】 - NAVER まとめ

純血主義がまだ色濃く残る日本では、顔つきがどうだとか、肌がどうだとかいう輩も少なくない。しかし、ここまで「世界」を感じさせるレベルの選手の登場は、何やら新時代の到来を予感させます。

ダイバーシティといえば、女性の社会進出や性的マイノリティが中心に語られることが多いように思いますが、それだけではない、真の多様化が日本で進んでいることを、彼らの活躍が教えてくれる。

日本人の大多数はダイバーシティの意味を誤解している|佐々木かをりの実践ダイバーシティ|ダイヤモンド・オンライン

オコエ選手は、日本のプロ野球が先でしょうが、サニブラウン選手、そして八村選手は、もう世界がすぐ目の前に来ている。彼らが日の丸をつけて世界を席巻する時、いよいよダイバーシティの新時代が幕開けします。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , ,