ソユーズという最高額ロングセラー

油井亀美也さん宇宙へ

日本人でも10人目となると、今さら驚きはない。「中年の星」という表現にも、いささか飽きた。

油井さん乗せたソユーズ 打ち上げ成功 NHKニュース

油井亀美也さんのご家族と、周辺関係者以外は、正直なところ、

あぁ、飛んだの……

というくらいの感想しか得られないのでは?

ロケットに乗り、宇宙に飛び立つことは、それくらい普通のことになりました。

6時間弱で宇宙ステーションへ

もっとも今回は、別の意味で改めて感心しました。

油井さん、宇宙へ出発 ソユーズ打ち上げ成功  :日本経済新聞

午前6時2分に打ち上げられたソユーズは、予定どおりであれば、午前11時46分に宇宙ステーションに到着する。

早い!? 早すぎる!

というのが偽らざる気持ちです。
ヘタすると、自分が自宅から浜松に行くのより早かったりして……。

偉大なるロングセラーソユーズ

ソユーズのことを書いたのは1年半ほど前。

ロシアが生んだ2つの世界的ロングセラー | とみざわのマーケティング研究室(2013.12.26)

AK47を生んだカラシニコフ氏が死去したことと合わせて書きました。
そう、ソユーズはロシアが生んだ偉大なるロングセラー商品。アメリカのスペースシャトルは、すでに退役した。今、世界が宇宙に向かうには、ロシアに頭を下げるしかない。

13122603

1年半前に書いた折、とある日経記事にソユーズの素晴らしい点が列挙されておりました。それを再掲いたします。

  • 1967年の初飛行から45年以上たち、変わらぬ外観で古くさいイメージもあるが、着実に進歩してきた。
  • 抜群の安定感を魅せつけられた」(JAXA長谷川理事)
  • 打ち上げ時は「いつ地面を離れたのか分からないほどスムーズ」(ソユーズに乗った宇宙飛行士古川聡さん)
  • 液体燃料を使って飛ぶため、静かで揺れも少ない固体燃料を使うスペースシャトルは「砂利道を全速力で走っているダンプカー」に例えられる)。
  • 2013年からはたった6時間でISSに到着できるようになった(以前は2日間かかった)。
  • 到着時間の短縮により、より多くの荷物を詰めるようになった(食料などが減らせる)。
  • 数年前までは身長制限があったが、今は緩和された。

デザインを今さらいじって、他の要素に影響を与えることはしない。安易なデザインチェンジが、どれだけ愚かなことか。ソユーズは証明してくれている。

しかもどんどん効率がよくなっている。燃費もそうだし、運搬面でもそう。
ソユーズには、ロングセラーの要点のほとんどがあるといっても過言ではありません。

問題があるとすれば、「独占市場」のため、民間人が宇宙へ向かうには、約3500万ドル必要ということくらいか。
もっともこの金額だって、本気で宇宙に行きたいお金持ちには、なんてことのない金額かも。

ソユーズというロケットが、

普通に飛び立ち、普通に宇宙ステーションに到着することの偉大さ

宇宙開発も、マーケティングの勉強に十分なるのであります。

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2016/07/07

 - 日記 , , , , ,