静岡のかけそばにはカマボコ

浜松駅の自笑亭

浜松駅の新幹線側からも在来線側からも使うことのできる立ち食いそば店「自笑亭」。よく使わせってもらっております。

15052201

もうちょっとおつゆをぬるくしてもらうと食べやすいのですが……。月見そばだと、白身が固まってまいります。それくらい熱い。駅そばは早食いが生命線。あと5度くらい温度を下げていただけるとありがたい。

ここのかけそばを食べていて、「あれ?カマボコなんて入っていたっけ?」と、ある日気づく。

15052202

他にかつお節も入っているのがありがたい。

このお店だけのサービスかと思いきや、どうやら静岡県内の駅そばには、カマボコがデフォで入っているという情報もあり。
それはそうです。美味しい魚が水揚げされる漁港の多い静岡県。カマボコなどの練り物メーカーも多い。宣伝と考えれば、安いものかも。

ちなみに東京近辺では、まず見かけません。下の画像は、JR品川駅山手線ホームの「そば処」のかけそば。

15052208 15052209

ネギのみ。これ以上シンプルにできない状態。麺やおだしの素材が問われます。
あと、お店の画像はありませんが、JR横浜線新横浜駅ホームの「濱そば」。ここは通勤経路にあるので、最も使うお店。ここのかけそばも超シンプル。

15052210

静岡の駅そばは「小ネギ」もポイントのひとつですが、カマボコもデフォなのか?
こうなると気になって仕方がない。県内に遠征が続く機会にいよいよ調べてみました。

三島駅の桃中軒

まずは三島駅新幹線ホームの桃中軒。

15052203

このお店は、独特の甘いおつゆで有名。でも、ここ新幹線ホームはさほどではありません。出張客が多いので、万人の舌に合うように調整しているのかも。

ここのかけそばにはカマボコが2枚。

15052204

しかも「おろししょうが」乗せ放題。嬉しい。

静岡駅の東海軒

西部と東部のかけそばには、デフォルトでカマボコが入っている。では中部の静岡駅はどうなのか?
静岡駅には、東海軒「富士見そば」が在来線上りホームと下りホームにありますが、今回は上りホーム。

15052205

ドキドキしながら、そばが来るのを待っておりました……。
で、こちらがきました。

15052206

「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」という感じ。肝心の県庁所在地のかけそばに、まさかのカマボコ不在。

しかし、東海軒は駅そばながら、ラーメンがメニューにある。

15052207

これがまた独特の味わいで、その風情とともに美味しさを増幅してくれるのですが、ご覧のとおり「なると」が入っている。もしやと思い、画像検索してみると、食べログの画像集がヒット。

料理写真 : 富士見そば[食べログ]

これを見ると、ラーメン以外に「桜えびあられ揚げそば」にも「なると」が入っている。

つまり……

ラーメンや他の高額メニューに「なると」を使用するため、低価格メニューのかけそばにはカマボコ類は使用しない

のではないかと推測いたしました。あながち間違っていないでしょう。なるととカマボコの両方を準備するのも、原価やオペレーションを圧迫する要因にもなりますし。

結論といたしましては、「静岡県内のかけそばには、おおむねカマボコがデフォルトで入っている」ということのようです。

こうなると、さらに気になるのが、ヤマサをはじめとするちくわ・カマボコメーカーの多い豊橋あたりの東三河エリアはどうなのかということ。それはまた次回の楽しみといたしましょう……。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , , , , , ,