L型大学生こそ超青田買いを

詰まる日程

大学恒例の合同企業説明会。今日と明日の2日間行われております。

15030201

これまでの3年次の12月からエントリー開始が、3か月後ろ倒しとなり、3月1日から解禁となった。
困ったことに、同じ建物でリクナビがイベントをやっております。

リクナビLIVE 浜松

学生も企業も混乱しますわな。

4月に入ると、履修登録などがあるため、就活イベントはおのずと3月に集中する。3年生に春休みはない。

面接解禁8月?

だいたい就職協定なんて、経団連加盟の大手企業が紳士協定として作ったものだから、そうでない会社は全く関係ないことは今さら言うまでもない。

次の区切りは、8月1日の面接解禁となるけれど、この時期にエントリーさせて、8月まで面接すらしないなんて呑気なことはありえない。協定など無関係の中小企業、地方企業は面接、そして内々定を出していくでしょう。

という意味のないことがまた続くのかと、ちょっとうんざり。

コドモだった学生にとって、オトナとなる儀式の就活。ここで社会の現実を知ることにより、甘っちょろい考えを捨て去るにはいい機会なのだけど……。なんだかねぇ。

オール自由化

ユニクロが超青田買いをするという話が、以前あったように思うけれど、あれはどうなったのか。

大学教育を否定する、ユニクロ「大学1年4月採用」の衝撃 | 池田信夫 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

意味のない就職協定を打破するには、「新卒一括採用」をやめなければいけない。そして青田買いを当然のこととして認める。
優秀な学生には「奨学金」を出すくらいのことはしていい。プロ野球ではいつぞや問題になった「栄養費」みたいなもの。あれを堂々とやればよい。

そうなると大学における勉強とはなんぞやということになるけれど、例の「G型大学」の学生は研究に邁進し、大学院に行ってアタリマエとなるから、ここでの優先順位は低い。

つまり「栄養費」をもらう可能性があるのはL型大学の学生。
L型大学は、社会で生きていくための術を習うところと位置づけられている。自分が働くであろう会社の業務を意識して、学業に専念するのであれば、超青田買いは悪いことどころか、むしろ良いことと考えることもできる。

と極端なことを考えてみましたが、東大の9月入学ですらウヤムヤになるニッポンのことだから、こんな風になるのは夢のまた夢か。それともお得意のガイアツで一気に変わる時が来るのか。
もっとも、いつまでもこんなことをしていたら、本当に世界から取り残されることだけは事実でしょう。

どうするんだニッポン!

15030202

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , ,