富士そばフィリピンのローカライズ

海外の富士そば

首都圏在勤の方ならご存知の「富士そば」。実は着々と海外進出しております。

台湾は先日オープンしたばかり。

 

ジャカルタは4月にオープン。facebookに英語で掲載。

 

進化してますなぁ、富士そば。かつての泥臭さはすっかり消えました。

14082901

フィリピンに春菊はないので

天そばの天ぷらに不可欠な「春菊」。フィリピンにはないそうです。
その代替品をどうするか。その「開発会議」が現地で行われたようです。

 

「バジル」「中国パセリ」「芋づる」の3つの中から選ばれたのは「芋づる」。その過程がいかにも現場。そして的確です。少々長いのですが引用いたします。

バジルは日本の食材ではないのでバジル反対意見vs芋づるには香りが無いとの芋づる反対の意見で焦点は「香り」にすることにしました。
バジル推しの私は勝った!バジルに決まりって勝手に思っていたのですが暫定の結果は芋づるになってしまった…
芋づるは香りは無いけど色味もあって味の邪魔はしていない。
バジルは香りは良いのだけども「その香りが日本流では無い」間違った日本食になってしまうとの意見に負けてしまいました(^^;;
残念です…取り敢えず、芋づるに決定です。
富士そばfacebookより

「春菊」の代替品なのだから、香りは重要。ただあの独特の香りは、決してバジルでは代替できなかった。似て非なるものだったのでしょう。
結果として店長さん(?)が推していたバジルは却下で、「香りのない芋づる」で決まった。

これが味のローカライズ。ローカライズの現場をリアルタイムに知ることができる機会はなかなかないはず。facebookさまさまです。

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/21

 - 日記, 速報 ,