キリン別格生姜炭酸飲んだ

生姜炭酸

たぶんキリンとすれば、これが「本命」ではないかと思える「生姜炭酸」にトライしてみました。

今月号の日経トレンディに、社長と佐藤可士和さんの対談が載っておりました(ペイドパブで。P54~)。「別格」というネーミングに込めた想いが書かれております。ふむふむという感じ。

その対談で、今回発売した4商品中、真っ先にコメントに上がっていたのが「生姜炭酸」。
なんでも、「通常の8倍もの高知県産ショウガを使っている」そうな。「通常って何?」と考えましたが、これは要するに「ジンジャーエールということか」と気づきました。

「ジンジャーエール」としては、今さらカナダドライやウィルキンソンに勝てない。だから、日本語ネーミングにしたのかなと。

ショウガを使った飲料で一番辛くて刺激的

と佐藤可士和氏はコメントしております。

スポンサーリンク


 

いざ実飲

ということで飲んでみました。

14110605

印象としては、刺激的な辛さよりも、甘さが先に立ちました。そして、今、歯の詰め物に隙間が出き、そこからの知覚過敏に苦しむ私には、地獄の責め苦となりました。

そういう個人的状況を差し引いても、ちょっと甘すぎるような。もっともっと辛くていいです。でもそれじゃウィルキンソンになっちゃうか……。

あと、キャップ部分までフルシュリンクとなっておりますが、これはちょっと面倒。先般の緑茶を飲んだ時、いつもの調子でグイッと開けようとしたけれど、開かずにびっくりしました。高級感を出すためだと思いますが、そこまでしなくてもいいのではないかな。

難しいですな、ブランド開発は。

Google AdSense2

Google AdSense

      2015/09/21

 - 日記, 速報 ,