プリン体0飲料のゆくえ

4社勢揃い

サッポロビールの思わぬトラブルによってではありますが、結果として、ビール主要4社が一斉に同じタイプの新製品を出すのは、かなり久しぶりのことではないかと。

14091301

古くは「ドライ戦争」。その後の「吟吟戦争」。あとは「発泡酒」ももちろん大きな戦争だった。ただ、4社が(ほぼ)同時に新製品を上梓するということは、ちょっと記憶にない。
それだけ珍しいタイミングです、今は。

 

サッポロの方針転換の背景

自分は家系的にも、痛風には縁がないとタカをククッているため、ビールをガブ飲みいたしますが、やはりいろいろ気になる方は多いのか。
そんなユーザーにサッポロ「極ZERO」は響いた。

14091303

当初、ビールではない、発泡酒でもない、新ジャンルビールとして投入したところ、国税から目をつけられ、サックリと発泡酒への増税を是認したサッポロビール。やはり、以前推測したことが背景にあったのでしょうか?

サッポロ極ZERO販売中止で発泡酒へ転換 | なん総研(2014.06.05)

真相は完全に藪の中。真実はわかりません。

ただ、大きく先行していたはずのサッポロが、シェア上位3社と同時スタートを切ることになってしまった。台所事情が厳しいサッポロとしては、これ以上痛いことはないでしょう。

 

各社の味は?

4本いきなり買ってきて、全部を飲み干すほど、もう暑い時期ではない。とりあえずアサヒから飲んでみました。

14091302

うーん。正直なところ、あまり好きな味ではない。
最近は自分も、「クリアアサヒプライムリッチ」で十分満足できる舌となりましたが、これはちょっと舌に違和感があった。かつて、発泡酒や新ジャンルビールを初めて飲んだ時に感じたものと同じ。ノドどころか、舌先で、「むむ?」と考えてしまう味。自分には合いません

続いて、躍進著しいサントリー。

14091304

これもアカン。口をつけ、飲もうと液体が口に近づく瞬間、「モワッ」という独特の香りが鼻を襲う。どうにも合いませんな、自分には。

 

プリン体ゼロ、糖質ゼロ

期せずして4社同時発売となったプリン体ゼロ、糖質ゼロの商品。勝つのは、やはり先行したサッポロなのか? それとも淡麗ブランドで投入したキリンなのか? はたまたサッポロにPKGを似せてきたアサヒ、サントリーか……。

予断を許さないところですが、いずれにせよこんな商品は、あくまで一過性なのか。
だって、痛風はそもそも贅沢病ともいわれる症状。
プリン体は、ビールだけでなく、ウニや甲殻類など、高付加価値な食品に多く含まれる。マクロビオティックではありませんが、今の若者はあんまり食べない感じ。
オヤジ世代がジジイ世代に進行したら、フェードアウトするのでしょうか。

それとも、若者は若者で、怪しい食品ばかり食べていることが考えられるから、新たな病を発症する可能性はある。そういう世代に「糖質ゼロ」は刺さるかもしれない。

いやはや、この「健康ビール」の先行きはなかなか読みにくいです。いずれにせよ、自分はユーザーとはなりませんけれど……。

【追記】
今朝の日経に、「プリン体ゼロ」は各社とも絶好調という記事がありました。

アサヒ、プリン体ゼロ発泡酒 販売引き上げ  :日本経済新聞(有料会員限定)

ニーズあるんですねぇ。

Google AdSense2

Google AdSense

      2014/09/15

 - 日記 , , , , , ,