スマホ後進国ニッポン 情報通信白書より

13122402

総務省の情報通信白書平成26年版が出て、世界各国と日本のスマホユーザー層の違いが話題となっております。

スマホ普及、日本は53%「ガラケー」なお存在感 シンガポールは93% :日本経済新聞

日本、米国、英国、フランス、韓国、シンガポールの6カ国で、各1000人ずつのサンプルながら、ぶっちぎりといってもよいくらいの差をつけられている。「大丈夫なのか日本?」と思わざるを得ません。

これらのデータは、さすが情報通信白書、HTMLやPDF、さらにデータもCSVなどさまざまなスタイルで提供されております。もっというとepubでも。ありがたい。あとでダウンロードいたします。

上記スマホ関連のデータは、次のページにあります。

総務省|平成26年版 情報通信白書|ICTの利用環境の変化

この設問の次に、「次に買うのは?」という項目も設けている。スマホユーザーとフィーチャーフォン(ガラケー)ユーザーは、次に何を買うのか。
合わせてみると、こういう図になります。

14071601

ガラケーユーザーはおおむね25%。その4割くらいは頑なにガラケーを使いそう。「わからない」という層が半々に分かれたとして、「25%×40%+α=10~15%」となり、なんだかんだで、他国と同レベルの数値には達しそうな気配はある。

自分は大学生や高校生と接触する機会は当然多い。彼らのほとんどはスマホ。これは間違いない。つまり、日本のガラケーユーザーは中高年層が中心と考えてよい。
老眼の年寄りこそ、スマホを使うべきだと思うんですけどね。見えないでしょ、その小さな画面。

09031302

堅物というより、スイッチングコストが高すぎると考えるのでしょう。上場申請をしたLINEの「乗っ取り」も話題となっており、嫌スマホ派にとっては、忌避する要素となりそう。
さらにこんなデータも発表され、これもスマホのせいにされそう。

中1女子「クラスで付き合っていないのは2人だけ」 NHK「小中学生の恋愛ブーム」特集に驚きの声 : J-CASTニュース

時間の経過とともに、スマホは他国並みとなるのか。それとも日本はここでもガラパゴスと化すのか。どっちなのでしょう。

ただ、こうしたところが、若年層と高齢層のデバイドとなり、情報化などの国策にも影響するとしたら問題。集団的自衛権などより、この面で遅れを取ることの方が、将来的によほど国家的なリスクとなる。子供の安全には配慮しつつ、政治家がリードしていただきたところでありますが……、その政治家の何割かは頑なにガラケーなんだろうな。

嗚呼。

DSC08576

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , ,