日雑品は100円ショップを意識せよ

ハンコの世界

13051403

大学なんてのは、ハンコがないとコトが動かない世界でして、そりゃこれからの時代をどうするのと思わざるをえません。稟議に最低でも1週間かかっているようでは、グローバル人材がどうのこうのという文科省の要請にどう応えていけばよいのか。大丈夫なんかな(大丈夫じゃない)。

さらに自分も、微妙な役職になぞついてしまったものだから、やたらとハンコを押す機会が増えた。それこそ上司の休暇願のハンコを、私が押すということがわかった時は、

いったいどうなってんだ!?

と、さすがに叫びました。

シャチハタのハンコ・ベンリ

そんな時に活躍してくれるシャチハタのこれ。正式名称は「ハンコ・ベンリ」というんですな。案外安直なネーミングです。

商品・サービス|シヤチハタ

普通の印鑑が、朱肉なしでポンポン押せるこいつは本当にありがたい。重宝してました……。

「ました」というのだから過去形です。こいつの最大の欠点はインク補充。この取り替えがかなり億劫。

ハンコ・ベンリ 専用インキカートリッジ

チマチマやっていると、どうしてもインクが指について、とても気になる。

今回もまたインクが切れてしまったのですが、「なんとかならんのか?」という思いを持ちつつ、ふと100円ショップ「セリア」で探してみました。「ひょっとしたら似た商品があるのではないか」と。

ありました。

14070802
ちなみに中に入っている印鑑は、上場で騒がしいリクルートさんにいた時のマネージャー印。名前も入っているから、エラそうでイイんですよ。ハハハ。

それにしてもこれ、めっちゃ使いやすい。100円とは思えない。
シャチハタのは、印鑑を押しこむのはいいけれど、いざという時に取り出しにくい。実はそれで印影が破壊されました。

こちらはやさしく押しこむだけで、すぐ使える。取り出しもしやすい。朱肉のノリも案外いい。たぶんケチって薄めにしているのでしょうけれど、それがかえっていい感じ。

パカっと開けるところのフックが若干弱めで、ペンケースに入れていると、中で開いていたりするのが、やや難点です。

100円ショップという世界

さて「ハンコ・ベンリ」はいくらかというと500円(+税)。セリアで買ったものの5倍です。単純に勝負になりません。
朱肉の交換用は2個で250円(+税)。1個あたり125円。つまり朱肉が切れるたびに、セリアで100円(+税)のを買った方が安い。

今の世の中、

文房具や日雑品は
100円ショップを意識する必要がある

ということです。

100円ショップで売られているもので、そこそこの品質であれば、買ってもらうチャンスには恵まれる。
そんなブランドもない、拡販のための営業部隊もさして必要ない商品に立ち向かうためには、まずは100円という限界価格に、既存メーカーは挑戦しないといけない。

それが可能でなければ、ブランド力を高めなければいけない。でも、今の時代、低価格品でブランド価値を維持することは難しい。

ブランドとは本来、品質とのトレードオフで、高価格を使い手に是認してもらうものでありますが、その価格差に価値を見出だせないジャンルであれば、そもそもブランドは成立しない。

1個100円の世界にブランドは存在しにくい。なぜなら「100円ショップ」そのものがブランドであるから。
企業ブランド、属性ブランド、商品ブランドなどなど、ブランドはさまざまに階層化できますが、ユーザーが主に知覚できるのは、せいぜいそのうち1つ。だから100円ショップで売っている商品に『商品ブランド』はないといってよい。

そんな商品群にブランドで対抗するのは無理というもの。価格帯を思い切りあげて、同一商品ジャンルから脱却しないと。ただそれが「ハンコ周辺商品」というジャンルで成り立つのかというと、それはまた別問題。厳しいです。

今、新生活を始めるのに、100円ショップとコンビニ、それにホームセンターがあれば、ほぼすべてのものは揃う。

これ以外の小売業、特に専門店は、
いざという時に頼りないイメージ

がついてしまった。専門店は、商品単位でのブランド展開よりも、ショップブランドとしてのイメージアップからまず始めないと、話が前に進まない。

そして専門店相手に商売してきたメーカーは……。

いつか100円ショップの軍門に下る時が来るのでしょうか?
コカ・コーラでさえセブンイレブン専用商品を発売する時代。妙なプライドに凝り固まっている場合ではない。

ペンなどの文具類は100円ショップでも売っている。 これがさらに拡大していくのか? それとも無名の文具メーカーがここぞとばかりに伸展するのか。文具類の主戦場の1つは100円ショップ。もう1つはコンビニ。

これからどんな戦いとなるのでしょうか。

 

Google AdSense2

Google AdSense

      2016/01/26

 - 日記 , , ,