半夏生と恵方巻

14070301

昨日は「半夏生」(はんげしょう)でした。この日にタコを食べる習慣が、地道に広がっている。というより、スーパーがここぞと力を入れてタコを入荷している。

この日にタコを食べるといいのは、その昔、農作業の節目となる時期で、少しの間お休みとなる。この時期にタコを食べると、農作物がしっかり根を張るから……というもの。かなりのこじつけです。

だいたい直前にある「夏至」と字面が似ているため、

あれタコは夏至に食べるといいんだっけ?

と毎年考えてしまいます。

半夏生は、毎年だいたい7月2日。タコ好きの自分はもちろん食べました。言われなくても食べますが。

恵方巻には頑なな自分も、半夏生には乗っかる。これは普段からタコを食べ慣れているからか。
ということは、自分が恵方巻を忌避するのは、太巻きを食べる習慣がないからか。

我が家では、子供の頃から、太巻きを作って食べることはなかった。稀に親が、駅にあったスーパーに入っていた持ち帰り寿司で買って帰ってくることはあったけれど、それでも自分としては、そんなに嬉しいものではなかった。

12080901

ということは、なんだかんだで恵方巻がジワジワ定着しつつあるのも、太巻きそのものの需要がそれだけあるからなのか。
寿司の人気ネタランキングで、太巻きはどのように位置づけられるのか。隠れた上位候補なのか。

夏の節分で恵方巻がどれだけ売れるかも含め、今後の研究対象とせねば……。

 

 

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 ,