ホンダスーパーカブ立体商標登録

CA380268

世界中のオートバイで最も売れている、つまりクルマを含め、原動機付きの車輪がついた移動体で、世界で最も売れているホンダ・スーパーカブが立体商標として登録されることに。

スーパーカブ、立体商標に ホンダ、模倣品防止に期待 :日本経済新聞

世界的には、コカ・コーラの「コンツアーボトル」が有名ですが、日本では「ヤクルトの容器」のほか、不二家のペコちゃん・ポコちゃん、ケンタッキーのカーネル・サンダースが立体商標として登録されております。

13010204
KC3O0081

何しろ発売から50年以上、世界で8700万台売れているオバケバイク。授業で毎年取り上げているのですが、そのたびごとに販売台数の数字が増えていくので困ってます。たしか最初に取り上げた時は4000万台だったような……。

そんなロングセラーにしてベストセラー商品なのだから、今回の立体商標としての登録は当然か。
ただ、日経の記事によると、

特許庁はスーパーカブの立体商標登録について
審査で一度は拒否した

とある。

立体商標として登録されるポイントは「シルエット」。その形状をシルエットにしただけで、「あぁ、あれね」と誰もがわかる。そのくらいのイメージがないとダメなのでしょう。

カブも形状は「あぁ」とわかるはずですが、シルエットにした場合、ラインが少々複雑すぎる。

CA380266

記事にあるように、立体商標となったら、裁判で係争する際、圧倒的に有利になる。ヤクルトやペコちゃんと異なり、バイクには、ハンドル、ミラー、アクセル、ブレーキなど、出っ張っている部分がありすぎる。「形状が何ミリ重なっていたら同一とみなす」という判断が非常に難しい。そんなところが嫌がられたのかも。

こうなると気になるのはライバル車。ヤマハ・メイトはすでに撤退しておりますので、スズキ・バーディーはどうするのか。

バーディー50|スズキ バイク

今さらホンダがスズキを訴えるなんてことはしないのでしょうけど、ここはひとまずスズキの対応待ちというところか。
ホンダとすれば、国内の良きライバルより、海外のコピー商品を駆逐することに専念したいでしょうからね。

世界のバイク乗りたちからも、「世界一」と認められているホンダスーパーカブ。

その機能美に満ちたデザインは、現在の担当デザイナーが、「完璧すぎてイジるところがない」と悩むほど。これまでも、そしてこれからも、このカタチは永遠に続くことになりそうです。
 

 

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , , , , ,