さよならVAIO、そしてSONYはいずこへ

14020702

SONYがVAIOを中心とするパソコン事業を投資ファンドに売却。

ソニー、「エレキ中心主義」が遅らせる復活 :記者の目 :企業 :マーケット :日本経済新聞

すでにその要因についてはあちこちで語られているので、ここは懐かしい製品の数々の画像でお楽しみください。

まずはなんといってもこれから。

14020703

ベータマックス(笑)。
VHSとの戦争に決着をつけたのは、技術力ではなく、販売力でもなく、男のエロに対する渇望感だったというのは真実なのか、それとも都市伝説なのか。インターネット黎明期の飛躍的発展も同様に語られることがあります。まあ真実なのでしょう。

14020704

メモリースティック型ウォークマン。
ここでもSDカードとくだらない規格戦争をユーザーに強いた。思えば、日本家電凋落の一因はここにあったようにも思う。

14020708

HDDウォークマン。
この製品自体の性能はよかった。よかったけれど、iPodのiTunesに相当するSonicStage、そして暗黒のコネクトプレーヤーが、SONY凋落を決定づけたように思う。

14020705

もちろん子どものイベントを撮影するためのビデオカメラもSONY。一世を風靡したHandycam。その流れでデジカメももちろんSONY。

14020706

Cyber-shot。
使いやすかったな。デジカメは、SONYの柱として生き残ることは可能なのか?

こんなものも使っておりました。

14020707

ワイヤレススピーカー。いい音だったな。

そしてVAIO。

14020709

ノートは2台使いました。左が最初の方、右のピンぼけ画像が後の方。
これ以外に、トップ画像にあるデスクトップ型ですぐ壊れた1台がありました。

14020701

こう見ると、ホントたくさん使っていましたなぁ、SONY製品を。

今は全部ない

パソコンはASUSに代わった。もちろんiPadにも。
音楽プレーヤーはiPodからiPhoneに。
デジカメはPanasonicに。ビデオカメラは使わなくなりました。必要ならデジカメでちょこっと撮る。それで十分。
SONYがダメになるわけだ。

経営資源を「スマホ」「ゲーム」「画像センサー」の3分野に集中させるようだけど、誰もが思う

今さらスマホ?

でいきなり躓く。日経にも思い切り書かれているように、あらゆることに判断が遅い。遅すぎる。5年前に判断しても遅かったくらいでは。
ゲームだって、今はスマホも大きな市場。実質的に2本柱にすぎないのでは。いや、スマホにつけるカメラのことを考えれば、

実質的にスマホ一本足打法

といえるかもしれません。

SONYはどこへ向かおうとしているのか。
VAIOの売却先である投資ファンドは、1月にNECからBIGLOBEも買収したところ。こちらの方が期待が持てそうに感じるのは気のせいだと思いたい。
一応元ファンとして。

 

 

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 , , , , ,