主要国の消費税(付加価値税)の変遷

安倍首相が、来年4月の消費税を8%へ上げることを決定。

安倍首相、消費増税8%を表明 - MSN産経ニュース

もしかしたら、延期はあるかもと考えておりましたが、結局そのままに。
さまざまな情勢を考えればやむなしか。ただ、法人税は下げる方向ということで、支持率は下がりそう。ではどこまで下がるか。ついに50%を割り込んでしまうのか、それとも持ちこたえるのか。今月中旬の時事通信の調査が楽しみです。

さて、諸外国の消費税は、日本より圧倒的に高いことはご存知かと。その数字はこんな感じです。
※クリックで拡大します。

13100106

 

超高齢社会の日本。北欧スウェーデンの25%は極端としても、ドイツ、フランスの19%ほどになっても、何らおかしくありません。再来年10月の10%になった後、どんな動きとなるのでしょう。すでにそこまで見据えておかないといけません。

これから起きる増税前の駆け込み需要。すでに住宅関連は前年比を上回るペースで受注が進んでいるようです。高額商品の代表として、外車はどうなのか。前回1997年に5%になった前後は、こんな動きをしました。

13100108

 

ベンツ・BMW・アウディの主要3車の1996年の月別売れ行きを100とし、その対比で見ました。
増税直前の1997年3月は、前年比46%増で、直後の4月は前年比76%と落ち込んでいます。ただ、8月には例年どおりとなった。駆け込み需要による反動は、高額商品については軽微ということです。

3%から5%の2%アップとことなり、今回は3%アップ。今回ははたしてどんな商品がどんな動きを示すのでしょうか。

Google AdSense2

Google AdSense

   

 - 日記 ,