売れない時には休む

夏休みは終わったものの、まだまだ暑い日が続いております。
埼玉と千葉を襲った竜巻。甚大な被害を残していきましたが、竜巻が発生するということは、温かい空気と冷たい空気がぶつかりあっているから。季節がバトルしているともいえそうです。

アホみたいに暑い時期は、涼しいところでノンビリ避暑でもしたいものですが、仕事を持っているとなかなかそうもいかない。ついズルズルダラダラしてしまいがち。
そんな中、地元で人気のあの店が、この夏、ドーンと休んでおられました。

13090301
イクミママのどうぶつドーナツ」。ここでは2月に取り上げました。

どうぶつドーナツ | 東京マーケティングタウン なんでも総合研究機構(2013.02.21)

このお店が、8月12日から昨日まで3週間もお休み。

13090302


まさに本日から営業再開。そういえば、昨日写真を撮りに行った時、どなたか店舗内にいらっしゃいました。

休んでいたといっても、企業向け販売はしていた。これは製造卸という意味か。
工場は交替制でやっているから、休みをまとめて取りやすいだろうけど、店舗はなかなかそういうわけにいかない。数人で回しているでしょうから、1日や2日くらいなら調整できても、1週間も休まれたら、他の人が大変。だから思い切って休業にしてしまう。正しい考え方ですな。

ぶっちゃけ、35度を超えるような暑い日に、いくら可愛らしいドーナツでも食べようとは思わない。やはり冷たいものですものねぇ。売上も他の季節より下がるのでしょう。だったら、まとまった休みにしてしまう。素晴らしいことではないですか。なかなかできないことです。

ちなみに、商店街では今川焼を売っている店も休んでおりました。

13090303
今川焼も食べようとは思わないなぁ。でも10月中旬まで休むって……。別の理由がありそう。

今でこそガツガツ働く代名詞のようなリクルートも、創業当初は季節労働者みたいなもので(当時の採用シーズンは限定的だったため)、まともに働くのは半年くらいで、残りの半年は遊んでばかりいたという話を聞いたことがあります。「学校でもやるか」なんて江副さんが話していたのもその頃らしく、今では考えられないくらい呑気だったとか。
結果的にはそういう方面には進まず、平常的に儲かる住宅周辺の広告事業に参入していったのが、運命の分かれ目だったか。

季節性のある仕事はたくさんある。自分もそう。だったら休めばいいのでしょうけど、勇気がないんだなぁ。だから思い切って休んでしまった「イクミママ」は、ホント尊敬します。あ、今川焼のかしわやさんも!

来年こそは、休める時には思い切って休む。そのために、今からガツガツ稼がねば……。問題はそこか!

Google AdSense2

Google AdSense

      2014/08/10

 - 日記 , ,